クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

道路・交通最終更新日:2024.07.05 公開日:2024.07.05

渋谷、国道246号の真下に「渋谷駅西口地下歩道」が誕生! 7月21日、いよいよ開通。

国土交通省 関東地方整備局 東京国道事務所は、「渋谷駅西口地下歩道」を2024年7月21日(日)に開通させることを発表した。これで、渋谷駅の東側と西側で国道246号の地上と地下を南北に移動できるようになる。

文・写真=KURU KURA編集部

資料=国土交通省 関東地方整備局 東京国道事務所

国道246号の真下に「渋谷駅西口地下歩道」開通!

渋谷駅西口の地下歩道の工事が進められている。

記事の画像ギャラリーを見る

渋谷駅の南側を横断する国道246号は、長年、渋谷の南北の移動の妨げとなっていたが、近年の再開発で駅の西口と東口に国道246号の歩道橋デッキと東口の地下歩道がつくられ、以前と比較すると各段に移動しやすくなった。

そして今回、渋谷の移動がさらに便利になる新たな道が完成。国土交通省 関東地方整備局 東京国道事務所は、2024年7月21日(日)午前5時に「渋谷駅西口地下歩道」を開通させる。いよいよ渋谷駅の西側も、国道246号の地上と地下の両方で南北に移動できるようになる。

この地下歩道は、7月25日にオープンする渋谷サクラステージと渋谷駅、ならびに渋谷フクラスと直結し、西口歩道橋デッキ以外にも南北の移動が可能となる。国土交通省は、これにより国道246号横断における負担が大幅に軽減され、安全・快適な動線を確保するとともに、快適な歩行者空間が創出されると説明する。

これまでは地下から地下へ違うビルへ移動する際は、必ず上下の移動が発生していたが、ビル同士が地下で直結されたことで、上下の移動が軽減するだろう。回遊性が一気に高まることで、渋谷における人の移動は今後、大きく変わりそうだ。

渋谷駅西口地下歩道の整備概要。(画像:東京国道事務所)

渋谷駅、渋谷フクラス、渋谷サクラステージと地下で接続。(画像:東京国道事務所)

西口の歩道橋デッキと連携して縦軸の移動も可能に。(画像:東京国道事務所)

西口地下歩道周辺の歩道やデッキに上がる階段が通行止めになる。(画像:東京国道事務所)

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(7月31日まで)
応募はこちら!(7月31日まで)