クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2024.07.01 公開日:2024.07.01

ロイヤルエンフィールド「ショットガン650」が日本で販売決定! カスタムベースに最高な1台。

ロイヤルエンフィールドは6月26日、新型クルーザー「SHOTGUN 650(ショットガン・ロクゴーマル)」の国内導入を発表した。31種もの純正オプションパーツが用意され、カスタムベースにおすすめしたいモデルだ。

文=岩井リョースケ(KURU KURA)

写真=ロイヤルエンフィールド

ロイヤルエンフィールド ショットガン 650|Royal Enfield SHOTGUN 650

記事の画像ギャラリーを見る

カスタムカルチャーのアイコンを目指したモデル

ロイヤルエンフィールドジャパン(総輸入発売元:ピーシーアイ)は、6月26日から「ショットガン650」の受注を開始した。このモデルはタンデムシートを簡単に着脱できる“モジュールデザイン”を採用し、そのときの気分や目的に合わせてシングル・タンデム・ツアラー(荷台)の3モードに切り替えることができる。またボディカラー4色に加え、ライトやエンジンガードなど31種類の純正オプションパーツが用意されており、かなりカスタムし甲斐がある車両に仕上がっている。

ロイヤルエンフィールド ショットガン 650|Royal Enfield SHOTGUN 650

ショットガン650には31種の純正オプションパーツが用意されている。

ショットガン650は2021年のミラノ・モーターサイクルショーで発表されたコンセプトモデル「SG650 Concept」からインスピレーションを受けて開発された。SG650の未来的なデザインを量産仕様に再解釈し、見事にネオモダンなスタイルに昇華している。2023年12月に米国ロサンゼルスで発表があり、2024年春には大阪・東京・名古屋モーターサイクルショーで初公開され、国内導入のアナウンスが待たれていた。

日本では8月下旬から販売開始を予定しており、メーカー希望小売価格は97万4,600円(税込)から。650ccというミッドサイズながら、輸入車をこの価格帯で購入できるのはありがたい。カスタム好きのライダーはぜひベース車両として選んでみてはいかがだろうか。

SPECIFICATIONS
ロイヤルエンフィールド ショットガン 650|Royal Enfield SHOTGUN 650
ボディサイズ:全長2,170×全幅820×全高1,105mm
シート高:795mm
車両重量:240kg
排気量:648cc
エンジン:空冷4ストローク並列2気筒SOHC4バルブ
最大出力:34.6kW(47PS)/7,250rpm
最大トルク:52.3Nm/5,650rpm
トランスミッション:6速リターン式
タンク容量:13.8L
タイヤ
フロント:100/90-18 56H チューブレスタイプ
リア:150/70 69H チューブレスタイプ
製造国:インド
メーカー希望小売価格(税込)
Base(シートメタル・グレー):97万4,600円
Mid(プラズマ・ブルー/ドリル・グリーン):99万5,500円
Premium(ステンシル・ホワイト):101万5,300円

2021 年のミラノ・モーターサイクルショーで発表されたコンセプトモデル「SG650 Concept」

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(7月31日まで)
応募はこちら!(7月31日まで)