クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2021.07.30 公開日:2021.07.30

中部横断自動車道、8月29日全線開通!山梨県~静岡県間の移動時間が大幅短縮

NEXCO中日本は、E52中部横断自動車道・富沢IC~六郷ICのうち、南部IC~下部温泉早川IC間が2021年8月29日に開通すると発表した。これにより、中部横断自動車道(延長74.3km)全線が開通し、山梨県と静岡県間の所要時間が大幅に短縮される。

記事の画像ギャラリーを見る

山梨県~静岡県の所要時間が大幅短縮

2021年8月29日に開通する中部横断自動車道の区間詳細図

出典=NEXCO中日本

 E52中部横断自動車道は、E20中央自動車道・双葉JCT~E1A新東名高速道路・新清水JCT間を結ぶ延長74.3kmの高速道路だ。このうち、未開通だった南部IC~下部温泉早川IC間(延長13.2km)が、8月29日(日)16時に開通する。NEXCO中日本によると、当該区間を含む富沢IC~六郷IC間の車線は、当面の間2車線(片側1車線の対面通行)で整備されるものの、最終的には4車線になる予定という。

中部横断自動車道全線開通にともない山梨県~静岡県の所要時間が大幅に短縮される。

出典=NEXCO中日本

 今回の開通により、中部横断自動車道は全線開通となり、静岡県と山梨県の間の自動車による移動時間が大幅に短縮されそうだ。たとえば山梨県町~静岡県庁間の所要時間が、これまでの国道52号を利用していた時の約165分から約95分へ、約70分も短縮されるという。

 さらに、中部横断自動車道の開通による時間短縮と高規格道路ネットワークの形成により、以下3つの効果が見込まれている。

1. 山梨県から清水港(国際拠点港湾)へのアクセス向上による海外輸出の促進

2. 中部横断自動車道沿線への新たな企業立地の進展とそれによる地域雇用の創出

3. 富士山を囲む広域周遊観光ルートの形成による観光振興

 NEXCO中日本が2021年6月に行った観光施設へのヒアリング調査では、「今回の開通で静岡側がぐっと近くなるため、浜松や愛知・三重方面に加えて、富士山静岡空港を利用するお客様など、多くの地域から来ていただけることを期待しています」との声も挙がっており、地域活性化への貢献にも期待が持てそうだ。

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月30日まで)
応募はこちら!(6月30日まで)