クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2023.06.19 公開日:2022.09.27

デジタル技術と目視確認で二重の安心機能を。ホーネット車内置き去り防止システム発売

加藤電機株式会社は、子どもの車内置き去り事故防止に効果的な、ホーネット車内置き去り防止システムBS-300Sと、緊急通報・GPS機能を搭載したBS-500Gの2機種を10月7日より全国で発売すると発表した。

文=くるくら編集部

記事の画像ギャラリーを見る

目視によるアナログ確認とデジタル技術による見守り機能

近年、車内に子どもが置き去りになる事故が相次いで発生し、心を痛めた方も多いだろう。加藤電機株式会社は、こうした不慮の事故を防止したいと考え、約30年におよぶカーセキュリティで培ったセンサー技術を応用し、車内置き去り防止システムを開発した。

ホーネット車内置き去り防止システムイメージ図 画像=加藤電機株式会社

ホーネット車内置き去り防止システムイメージ図 画像=加藤電機株式会社

 ホーネット車内置き去り防止システムBS-300S、BS-500Gは、アナログ的な操作とセンサー感知の二重機能が搭載されている。車両のエンジンを停止するとブザーが鳴り、ブザーを解除するためには、車両後方部に設置された専用のリモコンスイッチを操作しなければならない。小さな子どもは座席の下にもぐり込んだり、横たわったりすることも多く、目視確認は欠かせない。運転手らを後部座席まで移動するよう促すことで、往復時の目視確認を習慣づけ、ヒューマンエラーを防止するためのアナログ的な安全確保の仕組み。そして、車内に超音波センサーや振動センサーを設置することで、万が一見落としてしまった場合でも、人の動きや振動があればセキュリティアラームが鳴って知らせてくれるという二重の安心機能を搭載しているという。

さらに、BS-500Gは、セキュリティアラームに連動した緊急通報メール(最大5か所)を送信できる。そのほか、位置情報確認、車内の温度通知など、スマートフォンやパソコン等で管理機能が利用できるデジタルシステムを標準搭載し、より一層効果的で確実な車内置き去り防止システムが提供できるようになった。デジタルとアナログを融合した、カーセキュリティ機能付きの車内置き去り防止システムは、業界初※となる。(※加藤電機株式会社調べ)

ホーネット車内置き去り防止システムBS-300S 写真=加藤電機株式会社

ホーネット車内置き去り防止システムBS-300S 写真=加藤電機株式会社

ホーネット車内置き去り防止システム(緊急通報付)BS-500G 写真=加藤電機株式会社

ホーネット車内置き去り防止システム(緊急通報付)BS-500G 写真=加藤電機株式会社

【ホーネット車内置き去り防止システム製品概要】
型式:BS-300S
希望小売価格:58,850円(税込)、設置工事費別途

型式:BS-500G(緊急通報付)
価格:85,800円(税込)(初期登録料・1年分の通信利用料金含む)、設置工事費別途

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(4月30日まで)
応募はこちら!(4月30日まで)