2016年06月13日 12:40 掲載

ニッポンの皆の衆 あるゆずの村。土佐・北川村の物語
文=中丸謙一朗


●土佐国・北川村の「皆の衆的」見どころ

mina11_02.jpg
高知駅前に設置された武市半平太、坂本龍馬、中岡慎太郎のモニュメント。幕末の志士だけじゃない。現代の志士もまだまだ土佐にはいるぞ。
mina11_03.jpg
高知市内からクルマで約90分。けっしてアクセスがいいとは言えないが、わざわざ足を運ぶだけの意味がある。
mina11_04.jpg mina11_05.jpg
西洋式庭園である「モネの庭」は、その景観の印象だけでなく、日本庭園とはまた違った「演出」「メインテナンス法」などが施されている。
mina11_06.jpg
奈半利町から高知の東沿岸部・東洋町に抜ける山間の街道が野根山街道である。古くは参勤交代にも使用された険しい山道だが、現在はハイキングが楽しめる街ののどかな観光資源。
mina11_07.jpg
北川村にある中岡慎太郎館。派手さはないが、丁寧な展示と落ち着いた佇まいに好感が持てる。
mina11_08.jpg
北川村の南部の海は有名な室戸岬である。とんびの飛来が似合う圧倒的に日本的な海辺である。