2021年10月21日 17:10 掲載

クルマ ポルシェ、メルセデス、アウディ、BMW他。「IAAモビリティ2021」で初公開された次世代EVコンセプトを一挙紹介!

モーターショーの会場に展示されたクルマは、ほぼすべてEV! ドイツ・ミュンヘンで開催された「IAAモビリティ2021」で発表された新世代のコンセプトカーを、ジャーナリストの会田 肇が解説する。

文=会田 肇

EVラッシュの欧州メーカーたち

ミュンヘンのオデオン広場で開催されたメルセデス・ベンツの会場。漁網のように張られた繊維は一部で鉄鋼の15倍もの強度を持ちながらリサイクルも可能にしている(写真提供:Daimler)

ミュンヘンのオデオン広場で開催されたメルセデス・ベンツの会場。漁網のように張られた繊維は、一部が鉄鋼の15倍もの強度を持つ繊維で、リサイクルも可能という。(写真提供:Daimler)

 これまで高い人気を集めていたドイツのフランクフルトモーターショー(IAA)が、今年から開催地をミュンヘンに変更し、装いも新たに「IAAモビリティ2021」として9月7日~12日の日程で開催された。

 出展した自動車メーカーは、ドイツ国内勢としてはBMW、メルセデス・ベンツ、アウディ、ポルシェ、フォルクスワーゲンと一通り出展したが、その一方で海外勢はフランスのルノー、米国のフォード、韓国の現代/起亜が出展したのみ。日本メーカーに至っては1社も出展しなかった。オンラインでの情報公開が進み、今後はこうした傾向がグローバルで展開されるようになるのかもしれない。

 そんなIAA Mobilityに出展された、各社からワールドプレミアされた注目車について紹介していきたい。

【BMW】EVコンセプト『1ビジョン サーキュラー』
100%リサイクルを目標に、サステイナビリティとラグジュアリーに真正面から取り組む

BMWが将来の100%リサイクルを目指したEVコンセプト『1ビジョン サーキュラー』。右は同時発表された電動アシスト自転車「BMW Motoland Vision AMBY」(写真提供:BMW)

BMWが将来の100%リサイクルを目指したEVコンセプト『1ビジョン サーキュラー』。右は同時発表された電動アシスト自転車「BMW Motoland Vision AMBY」。(写真提供:BMW)

BMWのEVコンセプト『1ビジョン サーキュラー』。バッテリーにはリサイクル可能な原材料で作られた有機電池技術を導入する(写真提供:BMW)

BMWのEVコンセプト『1ビジョン サーキュラー』。バッテリーにはリサイクル可能な原材料で作られた有機電池技術を導入する。(写真提供:BMW)

BMWのEVコンセプト『1ビジョン サーキュラー』。内外装のデザインにも「循環=サーキュラー」コンセプトを採り入れている(写真提供:BMW)

BMWのEVコンセプト『1ビジョン サーキュラー』。内外装のデザインにも「循環=サーキュラー」コンセプトを採り入れている。(写真提供:BMW)

 BMWで注目されたのが、EVコンセプト「1ビジョン サーキュラー」だ。そのコンセプトは約20年後の2040年を見据え、サステイナビリティとラグジュアリーに真正面から取り組んだことだ。プレミアムモビリティにおいて、世界で最も持続可能な自動車メーカーになることを目指すBMWグループの目標を象徴する1台として誕生している。

 素材は「リサイクル材料使用率100%」と「リサイクル可能性100%」を目標として開発し、選んだ材料は製品のライフサイクルを終えた、いわゆる二次材料やバイオベースの原材料が中心。BMWならではのキドニーグリルはヘッドライトとグリルを一体化してデジタルサーフェス化。バッテリーには100%リサイクル可能な全固体バッテリーを採用し、貴重な資源の使用を最低限にとどめつつ高いエネルギー密度を達成できるとした。

 全長はおよそ4mというコンパクトさで、それでいながら大人4名がゆったりとくつろげる室内空間を実現。内外装のデザインにも「循環=サーキュラー」コンセプトを採り入れ、「RE:THINK」「RE:DUCE」「RE:USE」「RE:CYCLE」の4原則を盛り込んだ。インストルメントパネルは全体がキャビンにV字に突き出た次世代のフィジタル・ユーザー・インターフェースに進化。車両の"思考"が視覚化される、近未来のインターフェースを実現した。