クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2022.04.07 公開日:2022.04.07

【2021年版】燃費ランキング:軽自動車編アルト&キャロルが先代モデルで連覇!

2022年3月31日に、国土交通省が軽自動車版の燃費ランキングベスト10の2021年版を発表した。結果は前回同様にスズキ アルト、マツダ キャロルが連覇した。しかし、この記録は2021年12月22日に発売された新型アルト、キャロルのものではない。そのため2021年版で新型車だったのは、スズキ ワゴンRスマイルのみだった。

記事の画像ギャラリーを見る

アルト&キャロルが先代で連覇

スズキ アルト(左上)、マツダ キャロル(右上)、スズキ ワゴンR スマイル(左下)、ダイハツ ミラ イース(右下)

スズキ アルト(左上)、マツダ キャロル(右上)、スズキ ワゴンR スマイル(左下)、ダイハツ ミラ イース(右下) 写真=スズキ、ダイハツ

 国土交通省は毎年3月末に、前年1231日時点で発売されている車種を対象とした燃費性能値をランキングにして公表している。ユーザーに省エネルギーへの関心を高めてもらい、メーカーには燃費性能の優れた車の開発を促すためである。なお燃費性能ランキングは、普通・小型自動車部門と軽自動車部門の2つが発表されており、今回は軽自動車部門を紹介する。

 なお前回から燃費を測定する試験方法が、普通・小型自動車と同様に日本独自のJC08モードから国際的なWLTCモードへと切り替わった。

<2021年 燃費ランキング:軽自動車部門>

2021年 燃費ランキング:軽自動車部門

出典:国土交通省

新型車は6位のワゴンRスマイルのみ

 今回の軽自動車部門では、首位に同率でスズキ アルトとマツダ キャロルが並んだ。キャロルは、スズキがマツダに供給するアルトのOEMで、実質は同じ車となる。軽自動車の燃費ランキングでは、このようなスズキとダイハツと両社のOEM車が上位を占めている。

 今回の新型車は、6位に入ったワゴンRスマイルだ。同車はワゴンRの新しいモデルとなる。元のワゴンRの燃費が25.2km/Lに対してワゴンRスマイルは25.1km/Lで、諸元表を見ると車重がワゴンR770790kgに対して、ワゴンRスマイルは860870㎏となっており、この車重の差が0.1km/Lの違いを生じさせたのだろう。

※製造元と違うブランドで販売されている車のこと。キャロルの場合は、スズキが製造し、マツダブランドで発売している。

1、2位になったのは、12月下旬発表の新型モデルではなく、、、

新型スズキ アルト(左)、マツダ キャロル(右)

2021年12月に発売された新型スズキ アルト(左)、マツダ キャロル(右) 写真=スズキ、マツダ

 ところで1、2位を獲得したアルト&キャロルだが、ランキング表にある両車の型式は5BA-HA36S、5BA-HB36Sである。つまり2021年12月22日に発売された新型のではないのだ。新型の型式は5AA-HA97Sと5BA-HA37Sや5AA-HB97Sや5BA-HB37Sであり、燃費はハイブリッド車で27.7km/L、ガソリン車で25.2km/Lとなっている。ちなみに27.7km/Lを達成しているハイブリッド車のパワーユニットは、ワゴンRなどに搭載されているNAエンジン+モーター機能付発電機によるマイルドハイブリッドシステムに変更されており、これにより燃費を向上させている。

新型アルト&キャロルに搭載されるマイルドハイブリッドシステム

新型アルト&キャロルに搭載されるマイルドハイブリッドシステム 写真=スズキ

 この新型アルト&キャロルの燃費がランキングに反映されるのは2022年版からであり、同年から燃費記録が一気に25km/L台から27km/L台に突入することになる。0.1km/L刻みでランキングを争う軽自動車の世界では約1km/L向上は驚異的な数字といえる

激戦が予想される?2022年の軽自動車の燃費

 前回の軽自動車の燃費ランキングでは、衝突安全性能の強化や予防安全装備などの搭載で車重が増加傾向にあり、燃費が伸び悩んでいるという傾向をお伝えした。しかし、アルト&キャロルはマイルドハイブリッドシステムを改良して燃費を大きく向上させた。2022年版は、他社がそれを超える、もしくは肉薄するなどすればトップ10の順位にも変化が生じてくるかもしれない。


次ページでは、トップ10に入ったモデルの燃費に関する諸元や
価格、発売時期などの情報を、写真とともに紹介。

2020年版】自動車燃費ランキング:軽自動車編 トップ10

 トップ10に入った車種を紹介しよう。紹介するグレードは、ランキングにある燃費を記録したものである。また、そのグレードのパワーユニット・車両重量・駆動方式、税込価格・フルモデルチェンジ、マイナーチェンジ、一部改良などといった情報も紹介。

1位:スズキ アルト(8代目)
WLTCモード燃費値:25.8km/L

1位:スズキ アルト(8代目)

グレード:LとS(写真のグレードはS)
658ccガソリンエンジン・650kg・FF
税込価格:L 91万8500円、S 109万7800円、・2020年10月 一部仕様変更


1位:マツダ キャロル(6代目)
WLTCモード燃費値:25.8km/L

1位:マツダ キャロル

グレード:GLとGS(写真のグレードはGS)
658ccガソリンエンジン・650kg・FF
税込価格:GL 97万9000円、GS 109万7800円・2020年10月 一部仕様変更


3位:スズキ ワゴンR
WLTCモード燃費値:25.2km/L

3位:スズキ ワゴンR

グレード:HYBRID FXHYBRID FZ(写真のグレードはHYBRID FZ
657cc
ガソリンエンジン+電動モーター・790kg770kgFF
税込価格:HYBRID FX 128400円、HYBRID FZ 1421200円・20201月 一部仕様変更


3位:マツダ フレア
WLTC
モード燃費値:25.2km/L

3位:マツダ フレア

グレード:HYBRID XGとHYBRID XS(写真のグレードはHYBRID XS)
657ccガソリンエンジン+電動モーター・790kg、770kg・FF
税込価格:HYBRID XG 128万400円、HYBRID XG 142万1200円・2020年1月 商品改良


3位:スズキ アルト ラパン
WLTCモード燃費値:25.2km/L

3位:スズキ アルト ラパン

グレード:FFの全グレード(写真のグレードはX)
658ccガソリンエンジン・680kg・FF
税込価格:121万円~144万8700円・2019年6月 一部仕様変更


6位:スズキ ワゴンR スマイル
WLTC
モード燃費値:25.1km/L

6位:スズキ ワゴンR スマイル

グレード:HYBRID XHYBRID S(写真のグレードはHYBRID X
657cc
ガソリンエンジン+電動モーター・870kg860kgFF
税込価格:HYBRID X 1592800円、HYBRID S 1472900円・20219月 新型発売


7位:ダイハツ ミラ イース
WLTC
モード燃費値:25.0km/L

7位:ダイハツ ミラ イース

グレード:FFの全グレード(写真のグレードはG”SA”Ⅲ)
658ccガソリンエンジン・650 kg 、670kg・FF
税込価格:86万200円~124万8500円・2020年12月 一部改良


7位:スバル プレオ プラス
WLTCモード燃費値:25.0km/L

7位:スバル プレオ プラス

グレード:FFの全グレード(写真のグレードはGスマートアシスト)
658cc
ガソリンエンジン・650 kg 670kgFF
税込価格:915200円~1243000円・202012月一部改良


7位:トヨタ ピクシス エポック
WLTC
モード燃費値:25.0km/L

7位:トヨタ ピクシス エポック

グレード:FFの全グレード(写真のグレードはGスマートアシスト)
658ccガソリンエンジン・650 kg 、670kg・FF
税込価格:91万5200円~124万3000円・2020年12月 一部改良


7位:スズキ ハスラー
WLTC
モード燃費値:25.0km/L

7位:スズキ ハスラー

グレード:HYBRID X(写真のグレードはHYBRID Xターボ)
657ccガソリンエンジン+電動モーター・820kg・FF
税込価格:151万80000円(2トーンカラー仕様は156万2000円)・2020年1月 新型発売


7位:マツダ フレア クロスオーバー
WLTC
モード燃費値:25.0km/L

7位:マツダ フレア クロスオーバー

グレード:HYBRID XG、HYBRID XS、HYBRID XS SPECIAL(写真のグレードはHYBRID XG)
657ccガソリンエンジン+電動モーター・810kg、820kg、830kg・FF
税込価格:136万51000円、151万8000円、164万7800円・2020年2月 新型発売


トップ10に入ったモデル+新型アルト、キャロルの全グレードのWLTCモード燃費値は
この記事の写真を見る」をクリックでチェック。

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月2日まで)
応募はこちら!(6月2日まで)