クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2021.11.16 公開日:2021.11.16

まるで漫画の一コマ! トヨタ博物館の「激走!!2.5次元 ヴゥオオーン!! WRC」の展示が面白い

愛知県長久手市のトヨタ博物館で、2021年10月30日から開催されている企画展「激走!!2.5次元 ヴゥオオーン!! - WRC 日本車挑戦の軌跡」は、会場をマンガ仕立ての2.5次元をイメージした空間でラリーカーを展示。その2.5次元ぶりがユニークなので写真で紹介しよう。

記事の画像ギャラリーを見る

「写真映え」な展示

激走!!2.5次元 ヴゥオオーン!! - WRC 日本車挑戦の軌跡

トヨタ セリカ ツインカムターボ(1985)とトヨタ セリカGT-Four1990)は峠道を激走する背景で展示されている 写真=小林祐史

 愛知県長久手市にあるトヨタ博物館は、20211030日から2022417日まで、企画展「激走!!2.5次元 ヴゥオオーン!! – WRC 日本車挑戦の軌跡」を開催している。同展は、公道で競技が行われるFIA世界ラリー選手権(WRC)で活躍した、日本のラリーカーを展示するものだ。トヨタ、日産、マツダ、三菱、スバル、スズキ、ダイハツといった日本のラリーカーを間近で見ることができる。

 この展示会がユニークなところは、その展示方法だ。「2.5次元」というコンセプトの元、展示スペースの背景にマンガタッチのモノクロイラストを展示し、激走するラリーカーを表現している。これを広角レンズなどで撮影すると、マンガとリアルの間にある2.5次元のような仕上がりになり、「映える」写真が撮影できるのだ。さらに写真をカラーからモノクロに変換すると、マンガの1コマを切り取ったような2.5次元な仕上がりとなる。

激走!!2.5次元 ヴゥオオーン!! - WRC 日本車挑戦の軌跡


この展示方法はどのようにして設計されたの?

プラモデルで展示方法を検討

 この展示は同館の学芸グループによると、1/24スケールのプラモデルのラリーカーを用いて検討したそうだ。プラモデルをマンガ仕立てのイラストを背景に配置し、そこに入れるヴゥオオーン!!やボゴォウウウンといった吹き出しや、砂埃、スピード感を演出する斜線(効果線)などの入れ方を検討し、激走ぶりを演出したとのこと。この背景により、2.5次元でラリーカーの迫力を楽しめる企画展となっている。

激走!!2.5次元 ヴゥオオーン!! - WRC 日本車挑戦の軌跡

企画展の全景 写真=小林祐史

<企画展「激走!!2.5次元 ヴゥオオーン!! – WRC 日本車挑戦の軌跡」>

場所:トヨタ博物館 愛知県長久手市横瀬41-100
期間:20211030日(土)~2022417日(日)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)1224日(金)~13日(月)
※急遽変更となる場合があるので博物館のウェブサイトを確認すること
入場料:大人1200円、シルバー(65才以上)700円、中高生600円、小学生400
展示車両:
トヨタ セリカ ツインカムターボ(1985
トヨタ セリカ GT-Four1990
トヨタ カローラWR-Car1997
ダットサン 240Z1973
日産バイオレット(1982
マツダRX71979
スズキSX42008
ダイハツ シャレード(1982
三菱コルトランサー(1974
三菱ランサー エボリューション(2001
スバル レガシィ(1993
スバル インプレッサ(1996


「写真映え」な展示模様を見るなら
下の「この記事の写真を見る」をクリック

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(7月31日まで)
応募はこちら!(7月31日まで)