2018年02月16日 12:00 掲載

くるナンデス 【グラフでわかる!】
2017年、最も売れたのは!?
意外?思った通り?輸入車の販売台数あれこれ。


グループ別販売台数ランキング

 なお販売台数に関してはグループとして合算する考え方もあると思う。たとえば、メルセデス・ベンツにスマートと、超高級車ブランドのマイバッハを加えたダイムラーグループとして合算すると、7万2861台となる。BMWも傘下のミニと高級車ブランドのロールスロイスを合算すれば7万8179台で、ダイムラーグループを逆転する。

 さらにいえば、VW(フォルクスワーゲン)はアウディ、スカニア、ベントレー、ブガッティ、ポルシェ、ランボルギーニと名だたるブランドを傘下に収めており、それらを合計すれば8万4461台にもあり、トップに躍り出る。

 フィアットも傘下のブランドは数多く、アバルト、アルファロメオ、クライスラー、ジープ、ダッジとあり、FCA(フィアット・クライスラー・オートモビル)グループとして合算すると2万4114台だ(フェラーリは現在FCAから独立したので含めていない)。

 さらに、プジョーとシトロエンも、PSAという同じ会社のため、傘下のオペルとDSを加えると、1万2194台。GMは日本国内で販売しているブランドのシボレーとキャディラックを合計すれば1389台だ。

kn180213-02-02d.png

グループ別にカウントすると、このような結果に。グループ別でもドイツ系が強い。イタリアの大手フィアットがクライスラーを買収して誕生したFCAは数こそ多いものの、日本人にとっては通好みのブランドがラインナップを占めるためか、ドイツ系には大きく離されている。

→ 次ページ:
最後は国別販売台数ランキング