2018年02月16日 12:00 掲載

くるナンデス 【グラフでわかる!】
2017年、最も売れたのは!?
意外?思った通り?輸入車の販売台数あれこれ。


2017年もドイツ勢が強かった! 総合ベスト10

 まずは輸入車の内の主要な40ブランドを対象に、販売台数の多い順にベスト10をグラフ化してみた。ここ何年も変わらない傾向だが、圧倒的にドイツ車が強く、ベスト5すべてがドイツ勢という結果となった。

 ドイツ車が強いのはラインナップの多さに加え、高級なイメージ、ユーザの使い勝手を考えた利便性の高さ、ドイツの工業製品ならではの緻密さや信頼性が取れていることが大きな理由と思われる。

 日本では、今も欧州の自動車文化への憧れが強く、日本の自動車文化が欧州の影響を強く受けていることも影響しているだろう。また、メルセデス・ベンツやBMW、VWなどのように、ドイツ本社100パーセント出資の日本法人を設立している点も、ビジネスの点では有利だ。

 ともかく、「ガイコクシャを買うならドイツ車がいい」という状況が長らく続いているのである。

kn180213-02-01c.png

輸入車総合のブランド別販売台数ベスト10。なおカッコ内は、各ブランドの本拠地がある国。ボルボの「ス」はスウェーデンの略。

→ 次ページ:
続いて、ブランド別総合11~20位!