クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

道路・交通最終更新日:2024.02.16 公開日:2024.02.16

新所沢街道の未開通区間がつながった! 渋滞しまくりの北原交差点もこれでスイスイか?

東京都建設局は、2024年(令和6年)2月14日、「新所沢街道」、西東京3・4・9号保谷東村山線について、六角地蔵尊交差点付近から西原自然公園通りまでの区間を開通させた。はたして近隣の北原交差点の渋滞は緩和されるか。

文=KURU KURA編集部

資料=東京都建設局

新所沢街道の一部がつながった!

新所沢街道の開通区間。(画像:東京都建設局)

記事の画像ギャラリーを見る

2024年(令和6年)2月14日13時に、西東京3・4・9号保谷東村山線(通称・新所沢街道)の六角地蔵尊交差点付近から西原自然公園通りまでの約1.4kmの区間が開通した。今回の開通区間は、新所沢街道の未開通区間である。2021年(令和3年)には、六角地蔵尊交差点付近の東側と西原自然公園通りの西側の区間が開通しており、ようやく新所沢街道が線でつながるかたちとなった。

新所沢街道は東京都西東京市と埼玉県所沢市を結ぶ路線である。従来の所沢街道は都県境を越える重要な路線のひとつであるものの、幅員も狭隘で渋滞も頻発。また、所沢街道と新青梅街道の交差する北原も、慢性的に渋滞している。

新所沢街道の開通区間の断面図と開通前の状況。(画像:東京都建設局)

東京都建設局は、新所沢街道がつながったことで、北原交差点の渋滞緩和も期待できるとしている。将来的に、新所沢街道が調布保谷線に接続し、所沢街道のバイパスとなれば、さらに、快適に通行できるようになるのではないだろうか。

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(4月30日まで)
応募はこちら!(4月30日まで)