クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

道路・交通2024.01.24

環八と新大宮バイパスが直結! 「平和台トンネル」の開通で渋滞緩和なるか?

東京都は、平和台駅前で環八と交差する都市計画道路をアンダーパス化した「平和台トンネル」の開通を発表した。開通予定日は2月24日。渋滞の緩和で新大宮バイパス-池袋間の移動も少しは快適になるか。

文=KURU KURA編集部

資料=東京都建設局

この記事をシェア

平和台トンネルは2月24日に開通

平和台トンネルで環八の下を潜り抜ける。(画像:東京都建設局)

記事の画像ギャラリーを見る

東京都は「平和台トンネル」が開通すると発表した。開通予定日時は2月24日16時。平和台駅前で環八と交差する都市計画道路「放射第35号線(以下、放35)」をアンダーパス化(立体交差)することで、この地点での渋滞の緩和を図る。

片側1車線だがアンダーパス化を実現。道路の整備は継続中。(画像:東京都建設局)

新大宮バイパスまで、時間短縮なるか。(画像:東京都建設局)

なお、放35の道路事業は片側2車線を計画しているが、今回の平和台トンネル、ならびにその前後区間の完成をもって、片側1車線で“暫定”開通するとしている。開通するのは、練馬区平和台四丁目から同区北町七丁目までの区間(延長570m、うち平和台トンネルは延長197m)である。東京都建設局は早期完成を目指して事業を進めるとしている。

【道路事業概要】

1 路線名
東京都市計画道路幹線街路放射第35号線

2 暫定開通区間
練馬区平和台四丁目〜同区北町七丁目(570メートル)

3 暫定開通日時
2024年(令和6年)2月24日(土)16時

4 事業概要

・事業期間
2004年(平成16年)~2023年(令和5年) 延伸予定

・事業延長
1330m

・幅員
40~50m

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(2月29日まで)
応募はこちら!(2月29日まで)