クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

ライフスタイル最終更新日:2023.12.26 公開日:2023.12.26

日産GT-R50 イタルデザインの幻のテストカーを1/64サイズで再現! トミカリミテッドヴィンテージNEOから新作ミニカーが登場。

トミーテックは、1/64スケールミニカー「トミカリミテッド ヴィンテージNEO」シリーズの新作として、日産GT-R50 イタルデザインを2024年5月に発売する。ボディカラーは濃緑・グレーメタリックの2色で展開し、価格はどちらも税込み5390円。

文=岩井リョースケ(KURU KURA)

トミカリミテッドヴィンテージ NEOより、日産GT-R50 by Italdesignの濃緑(右)とグレーメタリック(左)カラー。※日産自動車への版権元商品化許諾申請済。(c)TOMYTEC

記事の画像ギャラリーを見る

GT-Rの50周年を記念した特別モデルの、幻のテストカーが立体化!

トミーテックの大人向けのディスプレイ用ミニカー「トミカリミテッド ヴィンテージ NEO」は、1970年以降の名車を扱うシリーズ。サイズは1/64スケールながら、金属製のボディとシャーシ、ゴム製のタイヤ、実車に近似したメッキ表現、ハンドル・シート・ダッシュボードといった細部や質感を高いレベルで再現。そして何より、玄人好みのマニアックなラインナップもファンから支持されている。

■Nissan GT-R50 by Italdesign
日産GT-Rとイタルデザインの誕生50周年を記念し、50台が限定生産されたこのクルマは、専用デザインのボディや、GT-R NISMO用をベースとしながら720馬力まで引き上げられたエンジンとパフォーマンス面でも特別に仕立てられたモデルだ。

トミカリミテッド ヴィンテージ NEOでは、GT-R50 by Italdesignのテストカー2023年に2種類製品化していたが、好評につき新たに2色を追加。カラーは実際に公開されたモデリングの中から濃緑色とグレーメタリックの車両を再現。市販車ではオプションとなった油圧リアウイングも可動式(伸縮式)となっている。歴代のGT-Rコレクションには欠かせないモデルでありながら、生産台数はわずか50台、発売当時の価格も1億3000万円と、実車を手にすることは非常に困難なだけに、ミニカーを手にしてディテールを堪能してはいかだだろうか。

ミニカーの価格は濃緑・グレーメタリックカラーのいずれも税込み5390円で、2024年5月に発売予定だ。商品は一部の家電量販店のホビーコーナーや模型店でも扱われるが、人気モデルは予約でいっぱいになる可能性もある。確実に入手したい人はタカラトミーモールでオンライン予約がオススメだ。

※各モデルのディティールカットはギャラリーページでご覧いただけます。ギャラリーページへは各写真または記事末尾の【記事の画像ギャラリーを見る】をクリックしてください。

日産GT-R50 by Italdesign 濃緑カラー、その1

日産GT-R50 by Italdesign 濃緑カラー、その2

日産GT-R50 by Italdesign 濃緑カラー、その3

日産GT-R50 by Italdesign グレーメタリックカラー、その3

日産GT-R50 by Italdesign グレーメタリックカラー、その4

日産GT-R50 by Italdesign グレーメタリックカラー、その7

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(4月30日まで)
応募はこちら!(4月30日まで)