クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

ライフスタイル最終更新日:2023.09.08 公開日:2023.09.07

京商からハチロクのミニカー登場! 全国のファミリーマートで9月7日から発売!

京商株式会社の「KYOSHO MINI CAR & BOOK」の第16弾「TOYOTA SPRINTER TRUENO」が全国のファミリーマート(一部店舗を除く)で9月7日(木)から発売となる。

文=KURU KURA編集部

2023年で生誕40周年の名車・AE86が京商から登場!

1:64スケールのAE86 トレノ。ボンネット・ホイールをカスタマイズし、フォグランプも装着した京商オリジナル仕様。

記事の画像ギャラリーを見る

大人が楽しめるホビー&カーマガジン「KYOSHO MINICAR & BOOK」の最新号は、ハチロク(型式名AE86)こと「トヨタ・スプリンタートレノ」だ。2023年に生誕40周年を迎えたが、未だ多くのオーナーやファン、そして専門店に支えられ、近年は生みの親であるトヨタからも熱視線が注がれているハチロク。実験用ではあるが水素エンジン仕様やバッテリーEV仕様のAE86が発表されるなど、カーボンニュートラル時代に向けたシンボリックなクルマとしてもPRされている。

1/64スケールモデルはメーカーからラインオフされたノーマルではなく、ボンネット、ホイールにカスタマイズが施された、京商オリジナル仕様となっている。

同梱の小冊子のテーマは「ハチロクのリアル」

『KYOSHO MINI CAR & BOOK No.16』 TOYOTA SPRINTER TRUENO/同梱の小冊子

モデルと同梱の小冊子では、今なお広く愛されるハチロクの現在にスポットが当てられている。現在も新たなカスタマイズやアフターパーツが生まれ、トヨタでは部品の復刻、電気自動車や水素自動車へのコンバートモデルが公開されるなど、誕生から40年を経過しても話題が絶えない。「なぜハチロクはここまで愛されるのか!?」 を知るべく、元ハチロクオーナーの京商スタッフが専門店を訪問。最新のカスタマイズやチューナーの想いに触れて、魅力を紹介する。さらに、トヨタが展開するGRヘリテージパーツの取り組みについてもインタビュー。オーナーが注目する取り組みの核心に迫った。

また、元レーシングドライバーの土屋圭市氏の愛車である「スーパー豆号」を徹底解剖。一見ノーマル+αに見えるトレノのボディの下に隠された秘密を、明らかにしている。その他、「AE86 60のQ&A」を用意するなど、初心者からマニアまで満足できる内容となっている。

【商品インフォメーション】

・商品名:KYOSHO MINI CAR & BOOK No.16 TOYOTA SPRINTER TRUENO
・発売日:2023年9月7日(木)
・価格:2,970円 (税込)
・販売:ファミリーマート一部店舗
・製造:京商株式会社
・商品内容:実車&ミニカー解説書(A4カラー全16ページ)

【1/64スケール ダイキャスト製ミニカー】
・ミニカーサイズ:本体全長6.6cm
・ミニカー素材:亜鉛合金、ABS樹脂、PVC(非フタル酸系)、ポリスチレン
・ボディカラー:ホワイト×ブラック
・ギミック:開閉機構なし
・その他:ディスプレイ台座が付属

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(4月30日まで)
応募はこちら!(4月30日まで)