クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2023.04.05 公開日:2023.04.05

2代目「グリコワゴン」が登場! ポッキーやビスコで飾られた甘いデコカーとは?

江崎グリコは、ホンダと自動車の開発支援を手掛けるシバックスと共同で、2代目の「グリコワゴン」を製作。デザインは、全国の子どもたちから寄せられた応募作品を元に決定された。チョコたっぷりの甘い見た目のデコカーを紹介しよう。

文=高田ひかる 写真=江崎グリコ

記事の画像ギャラリーを見る

グリコワゴンって?

2代目グリコワゴン

2代目グリコワゴン

 江崎グリコ(以降グリコ)は、ホンダと自動車の開発支援を手掛けるシバックスと共同で、2代目の「グリコワゴン」を製作した。グリコは2010年から、子どもたちの成長に寄り添い笑顔を届けるための取り組みとして、グリコワゴンで全国を巡り、子供たちにグリコの商品を届ける活動を行ってきた。2010年の12月には、約2カ月をかけて日本全国を縦断している。初代グリコワゴンの総走行距離は、10万㎞を超えているそう。

2代目グリコワゴンの特徴は?

 2代目グリコワゴンは、ベース車両に「ホンダ・ステップワゴン e:HEV」を使用している。ホンダ・ステップワゴンは、最大7人が乗れるミニバン型のクルマ。モーターとエンジンのいいとこ取りをしたという、ホンダ独自の2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」は、よりEV(電気自動車)に近いハイブリッド走行が可能で、燃費を抑えつつ走りの楽しさが体験できるという。2代目グリコワゴンのベース車両に選ばれた理由は、たくさんのグリコ商品を詰んで全国を巡るため、輸送量が十分確保できることと、安全性や環境にも配慮しているためだという。

2代目グリコワゴン。ルーフトップには、グリコの代表的な商品であるポッキーやビスコ、ジャイアントコーンのほか、アーモンドが大胆にあしらわれている。

2代目のルーフには、グリコの商品が載る。

 2代目グリコワゴンは、全国の子どもたちから寄せられた189件のアイディアを元にデザインされた。ボディカラーは赤を基調としており、ルーフからはチョコレートがトロリと垂れている。ルーフトップには、グリコの代表的な商品であるポッキーやビスコ、ジャイアントコーンのほか、アーモンドが大胆にあしらわれている。タイヤのホイールにはプッチンプリンがデザインされ、なんとも美味しそうだ。

2代目グリコワゴン。クルマのリアゲートを開けると現れる「ロボットくん」。

リアゲートを開くと現れるロボットくん。お菓子を差し出すように動く。

 子供たちに親しみやすい存在となるため、2代目グリコワゴンには、コミュニケーションがとれる仕掛けが搭載されている。クルマのリアゲートを開けると現れる「ロボットくん」の顔は、子供たちの会話に反応して表情が変わる。両手にはお菓子を載せることができ、差し出すように動くという。

グリコワゴン2台が展示される

2代目グリコワゴン

2代目グリコワゴン

 グリコの工場見学施設、兵庫県神戸市の「グリコピア神戸」と、埼玉県北本市の「グリコピア・イースト」では、初代と2代目グリコワゴンが期間限定で登場する。どちらも予約制となっている。気になる方は、ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

【グリコワゴンに会えるイベント概要】
■グリコピア神戸でグリコワゴンに会おう!
会期:412日~27日 9301630
会場:グリコピア神戸(グリコマニュファクチャリングジャパン神戸工場内)
住所:神戸市西区高塚台7丁目1

■グリコピア・イーストでグリコワゴンに会おう!
会期:429日~531日 9301600
会場:グリコピア・イースト(グリコマニュファクチャリングジャパン北本工場内)
住所:埼玉県北本市中丸9丁目55番地

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月30日まで)
応募はこちら!(6月30日まで)