クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2022.09.20 公開日:2022.09.20

「ポルシェ911カレラRS 2.7」誕生50周年! プーマとのコラボスニーカーを発売

ポルシェジャパンは「ポルシェ911カレラRS 2.7」の誕生50周年を記念した「ポルシェ×プーマ スウェード RS 2.7 リミテッド エディション」の発売を9月11日に開始した。日本限定カラーは500足限定で生産されている。

文=竹川圭
写真=Porsche Japan

記事の画像ギャラリーを見る

ポルシェミュージアムの入館料も無料になる!?

日本限定カラーの「グランプリホワイト/ブラック」。

 ”ナナサンカレラの名でいまも親しまれる「ポルシェ911カレラRS 2.7」。1972年のパリモーターショーでデビューしたこの名車は500台が瞬く間に売り切れ、1,000台以上が追加生産された。

 メキシコで行われた伝説の公道レース「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」からその名を採った「ポルシェ911カレラRS 2.7」は当時のドイツ製市販車で最速となる時速245㎞を記録したという。

「ポルシェ911カレラRS 2.7」50年の歴史の中で生まれたさまざまなバリエーション。

 誕生50周年を記念し、ポルシェがコラボレーションの相手に選んだのは同郷のスニーカーブランド、プーマだ。そのアイコン的モデルである「プーマ スウェード」をベースに限定モデルをつくりあげた。

 アッパーサイドにはポルシェロゴとシリアルナンバーが、シュータンにはドイツ・シュトゥットガルトのポルシェミュージアムのチケットがプリントされている。シュータンのチケットは実際にミュージアムの入場券として使えるというから面白い(20221231日まで)。

 カラーはデビュー当時の「ポルシェ911カレラRS 2.7」に忠実に10色をラインナップ。それぞれ初回生産台数にちなんで500足限定。グランプリホワイト/ブラックは日本限定となる。

「ポルシェ×プーマ スウェード RS 2.7リミテッド エディション」スニーカー
販売開始日:2022年9月11日
展開数量:グランプリホワイト/ブラック(日本限定カラー)500足
販売店舗:ポルシェ正規販売店およびポルシェスタジオ
サイズ:24cm-32cm
価格:22,700円(税別)

シュータン(甲部をおおうベロ部分)には、ポルシェミュージアムのチケットが記されている。

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月2日まで)
応募はこちら!(6月2日まで)