クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2022.09.16 公開日:2022.09.16

大阪・関西万博仕様のナンバープレート! 自動車用と原付用の交付詳細をチェック!

2025年開催の大阪・関西万博公式キャラクター「ミャクミャク」をデザインした自動車用と原動機付自転車用のナンバープレートが交付されることが、国土交通省と大阪市からそれぞれ発表された。交付開始時期や、交付対象者の違いなど、デザインと一緒に確認してみよう。

文=くるくら編集部

記事の画像ギャラリーを見る

自動車用は10月24日から交付

画像=国土交通省

 公益社団法人2025年日本国際博覧会協会が、大阪・関西万博の機運醸成を目的に国土交通省に発行を要請し、公式キャラクター「ミャクミャク」をモチーフとした自動車用のナンバープレートが交付されることが決定している。対象は大阪地区だけでなく、全国誰でも申請が可能。事前申込みは9月26日から始まり、交付は10月24日からとなる。

図柄はDNAを構成するCELL(細胞)をイメージしたユニークなキャラクターをモチーフとしている。

 ナンバープレートの料金は大阪地区は8,400円で、東京が8,100円、全国平均は8,413円となる。寄付金がない場合はモノトーン版が交付され、1,000円以上を寄付すればフルカラー版のナンバープレートとなる。寄付金は、大阪・関西万博の開催に関連した交通サービスの充実に充てられる予定だ。

 特別仕様のナンバープレートは使用終了後に、不正使用防止のための穴を開けた上で、記念品として保存することもできる。

事前申込み:2022926日から
交付期間:20221024日から、20251226日まで
料金:8,100~9,200円(普通乗用車)
交付対象:全国

申込みはコチラ→http://www.graphic-number.jp

原動機付自転車用は20233月上旬から交付

画像=大阪市

 大阪市からも、大阪・関西万博の応援を目的に、ミャクミャクがデザインされた原動機付自転車のナンバープレートの交付を発表。交付対象は原則として大阪市民に限定される。

 交付開始時期は2023年の3月上旬以降を予定し、交付手数料は無料。新規にナンバープレート取得の際に、現行モデルとの選択制となり、すでに別のナンバープレートを付けている人でも1回までなら無料で交換が可能。

 デザインは50cc以下(白)、51~90cc以下(黄)、91~125cc以下(桃)、ミニカー(青)用の4種類があり、この特別仕様のナンバープレートを受け取った人には、同時に記念品が渡される予定だ。具体的な交付開始日や記念品の詳細については、決まり次第、大阪市のホームページで公表される。

 ナンバープレートは50cc(白)4,400枚、90cc(黄)400枚、125cc(桃)3,200枚、ミニカー(青)300枚、計8,300枚が作製され、交付状況により追加作製の可能性もあるとのこと。

事前申込み:なし
交付期間:2023年3月上旬から、終了日は未定
料金:無料
交付対象:大阪市

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月30日まで)
応募はこちら!(6月30日まで)