クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ2022.06.02

R34、FD3S、ランクル70。レアなパトカーが大集合! 2年ぶり、埼玉県警察けいさつ車両展

2022年5月28日に、埼玉県警察はさいたま市の鉄道博物館で、パトカーや白バイを展示する第12回「けいさつ車両展」を開催。当日は日産スカイラインGT-R(R34)、マツダRX-7(FD3S)、トヨタ ランドクルーザー70などといったレアなパトカーの展示や、子供向けの白バイ乗車体験、警察音楽隊のコンサートが行われ、子供・孫連れのファミリーなどといった幅広い年齢層の人たちが訪れた。

この記事をシェア

記事の画像ギャラリーを見る

2年ぶりとなった埼玉県警察のイベント

埼玉県警察「けいさつ車両展」

2年ぶりの開催となった埼玉県警察「けいさつ車両展」 写真=小林祐史

 埼玉県警察は2022528日にさいたま市の鉄道博物館で、第12回「けいさつ車両展」を開催。当日は同県警のパトカーである高速道路警察隊の日産スカイラインGT-RR34)、マツダRX-7FD3S)、山岳救助隊のトヨタ ランドクルーザー70、機動隊の多目的災害対策車であるスズキ ジムニーシエラ、トヨタ クラウン(210系)、サイドカー付きの白バイであるホンダ ゴールドウイング(SC22)が展示された。

 同時に、子供向けにホンダCB1300PとヤマハFJR1300APの白バイ乗車体験や、警察音楽隊によるポリス・コンサート、防犯・交通安全教室、機動隊・山岳救助隊の装備品・パネル展示などが行われた。

 このイベントは新型コロナウイルス感染拡大の影響により休止されていたため、今回は2年ぶりの開催となった。当日は、子どもや孫を連れたファミリーなどといった幅広い年齢の人が訪れた。

マニア垂涎のスポーツカー、RVのパトカーに

トヨタ ランドクルーザー

山岳救助隊のトヨタ ランドクルーザー702000年式で現在も活躍中の車両 写真=小林祐史

 今回の注目は、高速道路警察隊の日産スカイラインGT-RR34)、マツダRX-7FD3S)、山岳救助隊のトヨタ ランドクルーザー70といった、20年以上前のレアなスポーツカーやRVが一堂に介したことだ。20年近く現役パトカーである車両たちは、ルーフの赤色灯の形状やナンバープレートの分類番号が2桁などといった歴史を感じさせる装備だったが、それだけの年月を経ても洗車の行き届いたピカピカの状態で並べられていた。そんなレアなパトカーたちの前で、子供たちはパパ、ママらに笑顔の記念撮影をしてもらっていた。

マツダRX-7

高速道路警察隊のマツダRX-7はナンバープレートの分類番号が2桁の「春日部88」。ミッションは5速マニュアル! 写真=小林祐史

日産スカイラインGT-R

高速道路警察隊の日産スカイラインGT-RR34)のミッションは6速マニュアル。ブレンボのブレーキキャリパーや前後ディフューザーも装備したMスペックがベースだ 写真=小林祐史

 ほかにも機動隊の多目的災害対策車であるスズキ ジムニーシエラやサイドカー付きの白バイであるホンダ ゴールドウイング(SC22)も並び、来場者はそれらを近くで見ることできた。ふだんは気軽に近寄りにくいパトカーに、パパやママたちも、その室内や装備、ホイール、ブレーキなどに興味津々といった様子で観察していた。

ホンダ ゴールドウイング

マイナーチェンジを受けた1999年以降のSC22型のホンダ ゴールドウイングにサイドカーを取り付けた白バイ 写真=小林祐史

スズキ ジムニーシエラ

機動隊のパトカーであるスズキ ジムニーシエラは、白黒ではなく青白のツートンカラー 写真=小林祐史


GT-Rのディフューザーやランクルのウインチなど
パトカー、白バイの詳細な部分を知りたいなら

下記の「この記事の写真を見る」をクリック

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(2月29日まで)
応募はこちら!(2月29日まで)