クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2018.08.22 公開日:2018.08.22

市民でつくる”まちなか”音楽フェスティバル!「渋谷ズンチャカ」開催

180822-20-1.jpg

渋谷ズンチャカ!の様子。キャットストリートを練り歩きながら演奏。

 渋谷ズンチャカ実行委員会は、ハチ公前広場やキャットストリート(旧渋谷川遊歩道路)など渋谷のまちを舞台に、6万人規模の市民参加型音楽フェスティバル「第4回 渋谷ズンチャカ!」を9月9日に開催すると発表した。

市民参加型音楽フェス。渋谷ズンチャカ!

180822-20-2.jpg

立ち寄ったお客さんも気軽に参加できる。もちろん歌や手拍子などでも大歓迎だそうだ。

 「渋谷ズンチャカ!」は、”渋谷のまちを音楽の力で盛り上げたい”という桑原敏武(前渋谷区長)と、その想いに賛同した渋谷駅周辺の商店会が、ヤマハミュージックジャパンのおとまち(R)事業と連携し、2013年に発足。2015年に第1回を開催したプロジェクト。

 音楽やファッションをはじめとした文化の発信地として、多種多様な才能を持った人々が集い、発展を遂げてきた渋谷。現在は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向け、渋谷駅を中心にまちの至るところで大規模な再開発が行われている。再開発に伴い、かつてストリート文化が発展してきた街頭や公園などの公共スペースの在り方も大きく変化し、人々が交流してきたコミュニティーの繋がりが薄れつつある。

 そんな渋谷のまちなかを「1日だけの音楽解放区。」と称し、全27か所に、誰もが音を楽しむことができるワークショップや市民アーティストによる音楽ステージを設置。渋谷に集う多種多様な人々が自由な音楽を通じて繋がり、変わりゆく渋谷の未来に対して誇りや愛着を持って関わるきっかけを生むことで、「ちがいを ちからに 変える街」渋谷区の象徴として新しいコミュニティーの形を提案するそう。

ワークショップや手ぶら参加も可能!!

180822-20-5.jpg

第4回渋谷ズンチャカ!の会場マップ。

 「渋谷ズンチャカ!」は、従来の音楽フェスティバルと異なり、聴衆としてだけではなく、音を生み出す”主人公”として参加できる点が特徴である。

「手ぶらでズンチャカ!」

 「手ぶらでズンチャカ!」では、自由に演奏できるバンドセットを設置し、スタッフや訪れる人で一期一会の演奏を行う。初心者やお久しぶりな人向けに、ドラムやセッションを体験できるコーナーも設置していて、最後は参加者全員での大合奏で締めくくるそう。楽器演奏ができなくても歌や手拍子で参加可能だ。

180822-20-4.jpg

オリジナル楽器を作るワークショップなども開催される。

「渋谷”音鳴り”サンデー」

 音楽で地域を盛り上げようとする個人、企業、地域とのコラボレーション企画を「渋谷”音鳴り”サンデー」と称し、渋谷全域で開催。今年は六号坂上公園(幡ヶ谷)にサテライトステージを設けるほか、オリジナル楽器づくり実験室などのワークショップを開催する。

 木材と空缶でつくる「ウォッシュボード」、塩ビ菅でつくる倍音の「不思議笛」、ばねでつくる「サンダードラム」、ひょうたんを使った「マラカス」などさまざまな種類がある。しかも参加費は無料。子どもと一緒に参加するのにおすすめだ。

公募で集まった市民アーティストのステージ

180822-20-3.jpg

公募で集まった市民アーティストのステージ。

「まちなかステージ」

 公募で集まった市民アーティスト114組が、全12か所のまちなかのステージで演奏。立ち寄ったお客さんに足を運んでいただけるように以下の3つのコンセプトを持ったステージを新設。

  • 煌のステージ「ぶっとんだ技」(きらぼし銀行 原宿支店前)
    スチールパンやハンドパン、タップダンスなど珍しい楽器を演奏する凄腕アーティストが出演する。ぶっとんだ技に驚くこと間違いなし。
  • 港のステージ「ぶっとんだ歌」(ZARA渋谷店前 荷卸し場脇)
    実力派のシンガーが出演する。アニソンからクラシックまで、素晴らしい歌声を持ったアーティストに感激。
  • 天のステージ「静けさと黄昏」(東急プラザ表参道原宿6Fおもはらの森)
    古代の竪琴やクラシックギター、アンビエント音楽など落ち着いた雰囲気で癒しを与えるアーティストが出演する。

「ズンチャカ!フィナーレ♪」(渋谷区役所 仮庁舎前)

 渋谷ズンチャカ!の17:00~18:00に参加者全員でやぐらを囲み、毎年恒例の大セッション大会を開催。ホストバンドはチーム・ズンチャカ!が務める。

 運営事務局によると「今年のズンチャカは大衆向けのコンテンツだけでなく、音楽好きなスタッフによるマニアックなコンテンツも用意している」そうだ。ルーパー(演奏をその場で録音、繰り返し再生する機材)を使用した、多重録音の体験や家庭にもあるバケツを使用したドラム体験など、さまざまなコンテンツは、普段は演奏に馴染みのない子どもから大人まで楽しめるだろう。

第4回 渋谷ズンチャカ!開催概要

日時:2018年9月9日(日)11:00~18:00(小雨決行、荒天中止)
   ※8日(土)19:00~19:30にハチ公前広場にて前夜祭を開催
場所:渋谷区役所 仮庁舎前(美竹公園)、ハチ公前広場、渋谷センター街、
   キャットストリート(旧渋谷川遊歩道路)、神宮通公園、
   恵比寿ガーデンプレイス他

入場料:無料 ※一部有料コンテンツあり
主催:渋谷ズンチャカ実行委員会
共催:渋谷区
後援:一般財団法人 渋谷区観光協会
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京
企画:チーム・ズンチャカ!(市民ボランティア)
企画協力:株式会社ヤマハミュージックジャパン 音楽の街づくり推進課

外部リンク

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月30日まで)
応募はこちら!(6月30日まで)