クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2017.01.27 公開日:2017.01.27

【フォトアルバム】2016年を戦い抜いた日産「R35型GT-R GT500仕様」

pa-gt-r-gt500-01.jpg

現在、日本国内では最も人気が高く、世界最速のハコ車のレースともいわれるスーパーGT。3年連続王座を狙って、その16シーズンを戦い抜いた「MOTUL AUTECH GT-R」。

 東京オートサロン2017の日産ブースに展示されていたレース用車両の1台が、16シーズンのスーパーGT・GT500クラスでディフェンディングチャンピオンとしてカーナンバー1を背負って戦った、R35型「GT-R GT500仕様」の1台、「MOTUL AUTECH(モチュール・オーテック) GT-R」だ。

 スーパーGTにおいて、GT-Rはここ数年強さを誇っており、特にこのワークスチームのNISMOの1号車は、14・15シーズンと2年連続で、ドライバーズ(松田次生/ロニー・クインタレッリ組)と、チームのダブルタイトルを獲得してきた。

16シーズンも強かったが…!

 16シーズンも2勝を挙げたが(GT-R勢は全8戦中合計5勝を挙げた)、惜しくも王座防衛はならず、レクサス系の39号車「DENSO KOBELCO SARD RC F」(LEXUS TEAM SARD ヘイキ・コバライネン/平手晃平組)にダブルタイトルを持っていかれてしまった。

 なお、1号車の16シーズンのランキングは、ドライバーズが20点ビハインドの62点で3位、チームは20点ビハインドの83点で同じく3位(スーパーGTはドライバーズとチームの得点ルールが異なるため、それぞれ王者が異なる場合がある)。

pa-gt-r-gt500-02.jpg

R35型GT-R GT500仕様を正面から。

→ 次ページ:
16年型GT-R GT500仕様をさまざまな角度から!

pa-gt-r-gt500-03.jpg

R35型GT-R GT500仕様を側面から。

pa-gt-r-gt500-04.jpg

R35型GT-R GT500仕様を斜め後方から。

pa-gt-r-gt500-05.jpg

R35型GT-R GT500仕様を真後ろから。

pa-gt-r-gt500-07.jpg

リヤウィング。

→ 次ページ:
R35型GT-R GT500仕様のスペックを紹介!

pa-gt-r-gt500-06.jpg

テールには「GT-R」のエンブレム。「グラン・ツーリスモ・レーシング」の略である。

R35型GT-R GT500仕様(16年式)のスペック

【寸法・重量】
全長×全幅:4755mm×1950mm
ホイールベース:2750mm
車両重量:1020kg

【足回り】
ブレーキ(前/後):共にベンチレーテッドカーボンディスク
サスペンション(前/後):共にダブルウィッシュボーン
ホイール(前/後):12.0J×18/13.0J×18
タイヤ(前/後):30/68-R18/31/71-R18

【駆動系】
駆動方式:2WD(FR)
クラッチ:5.5インチカーボン4プレート
トランスミッション型式:トランスアクスルタイプ6速シーケンシャル

【エンジン】
エンジン型式:NR20A
排気量:1998cc
最大出力/最大トルク:550ps以上/50kgm以上

2017年1月27日(JAFメディアワークス IT Media部 日高 保)

関連記事

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月30日まで)
応募はこちら!(6月30日まで)