クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

MaaS

11 件

連載

なぜLUUPはここまで普及した? その理由を取材で訊いてきた!【次世代モビリティ最前線! Vol.2】

自動車ライター大音安弘が、今みんなが気になる次世代モビリティの開発背景やモビリティの魅力に迫る連載。第2回目は、Luup社の「電動キックボード」を紹介する。ところで、Luupは電動キックボードメーカーじゃないって知ってた?

2024.03.28

クルマ

自動運転はこういうのがいい! 沖縄で全国の自治体向けの事業がスタート

2023年3月から沖縄県北谷町の西海岸地域で、ヤマハの車両を使った自動運転移動サービスのショーケース事業がスタートした。本格リゾート地での自動運転の常時稼働は全国でも珍しく、視察目的でも観光目的でも楽しめるものになっている。

2023.03.02

クルマ

MaaSと地方交通の親和性。人の移動はどう変わるのか。連載|森口将之の「あたらしい交通様式」vol.01

自動運転やMaaS(マース)の登場など、日々進化を続けるモビリティ。人の移動を大きく変える交通インフラのこれからについて、モビリティジャーナリストの森口将之が語る新連載がスタート。第1回はMaaSについて。

2022.10.12

クルマ

天神・博多で楽しむMaaS体験! バス×電車×買物券をひとまとめ!

福岡市の天神・博多の商業施設で利用できる3,000円分の買物券に、指定圏内での電車や高速バスの往復きっぷ+天神・博多のバス150円区間乗り放題を組み合わせた、お得なデジタルチケットが販売される。この限定チケットは無料アプリ「my route」で、9月15日から11月30日まで購入・利用が可能。

2022.09.14

クルマ

「ジブリパーク」への道のりをより快適に。愛知県がマルチモーダルサービスを実証実験

愛知県は、同県長久手市に2022年秋開業を目指している「ジブリパーク」の周辺地域で、マルチモーダルサービスの導入実証実験を行うと発表した。実現すれば、名古屋都心部等からのアクセスがより快適になりそうだ。

2021.05.19

クルマ

トヨタはなぜNTTとタッグを組むのか? 見えてきたトヨタのスマートシティ構想

トヨタは3月24日、スマートシティの基盤技術の開発を目指すコアなパートナーとしてNTTと資本提携したことを発表した。トヨタはなぜいまNTTとタッグを組む必要があったのか? ITジャーナリストの会田肇氏が、その真意を紐解く。

2020.04.15

クルマ

トヨタはなぜ街を作るのか? 実証都市「コネクティッド・シティ」の狙いを考える

トヨタは1月6日、米国ラスベガスで開催されたIT家電ショー「CES(セス)2020」で、あらゆるモノやサービスがつながる実証都市「コネクティッド・シティ」を東富士(静岡県裾野市)に設置すると発表した。トヨタが考える未来の都市とは如何なるものか。ITジャーナリストの会田肇氏がレポートする。

2020.01.23

クルマ

日本でシェア電動キックボードは流行る? ドイツで体験してみた

今、新たなモビリティサービスとしてシェア電動キックボードが話題だ。アメリカはもちろん、ヨーロッパ各地で導入が進んでいる。電動キックボードとは一体どんな乗り物なのだろうか。一足早くドイツで体験してきた。

2020.01.17

クルマ

“空飛ぶタクシー”実現化への大きな一歩。ボーイングが飛行試験に成功

アメリカの航空機大手メーカー、ボーイングは1月23日、自律飛行可能な電動有人機(Autonomous Passenger Air Vehicle=PAV)、いわゆる“空飛ぶタクシー”の初の飛行試験に成功したと発表した。

2019.01.28

クルマ

トヨタの自動運転は守護神で守られる! CESで次世代技術を披露

トヨタは1月8日、アメリカ・ラスベガスで開催中の家電・技術見本市「CES(Consumer Electronic Show)」で、研究・開発を進める自動運転技術について説明を行った。

2019.01.09

道路・交通

利用料金は0円!「どん兵衛タクシー」が都内走行中!

DeNAは12月5日、同社が提供するタクシー配車アプリ「MOV(モブ)」のサービス開始に伴い、プロモーション・キャンペーンとして乗客の利用料金が無料となる「0円タクシー」の走行を開始した。

2018.12.10