2022年06月22日 12:50 掲載

交通安全・防災 ピラー(柱)の死角が大きくて、代車を断った?|長山先生の「危険予知」よもやま話 第8回


話・長山泰久(大阪大学名誉教授)

二輪車事故の原因にもピラーが関係

長山先生:けっこう違いますね。運転席と助手席では、ドライバーとピラーまでの距離が違うからです。

編集部:運転席のピラーはドライバーに近く、助手席のほうが少し離れています。

長山先生:そうです。近くにあるほうがより死角は大きくなります。これは簡単な実験でよく理解できます。鉛筆をピラーに見立て、立てた状態にして目の近くに持っていき、見えない範囲を確認します。そのまま少しずつ鉛筆を目から遠ざけると、だんだん見える範囲が広がり、死角の違いが実感できるはずです。

編集部:指でも分かりますね。近いほうが視野を覆う量が大きく、より見えない死角が増えますね。

長山先生:そのとおりで、運転席のピラーの死角が大きく、助手席とは比較にならないほど影響があります。実はピラーの死角を問題にしだしたのは、四輪車と二輪車との事故を調べたことがきっかけでした。

編集部:車とバイクとの事故ですか?

長山先生:信号のない交差点で起きた原付・二輪車との出会い頭事故を分析したところ、左側から来る原付・二輪車との事故に比べて、右側から来るものとの事故が2倍以上起きていたのです。当時、大阪府警で交通統計を分析していた室長に出会い頭事故の数量的分析を依頼したところ、図のような顕著な差が認められ、統計的にも証明されました。

長山先生の「危険予知」よもやま話 第8回|図1|くるくら

編集部:原付・二輪車の種類にかかわらず、右からのほうが2倍以上多いですね。

長山先生:そうです。なぜ、右側からの二輪車と事故を起こしやすいか原因を分析したところ、まず、二輪車の発見から衝突までの時間と距離が異なること、さらに運転席のAピラーの死角によって発見が遅れることが原因として考えられました。ひとつ目の発見から衝突までの時間と距離の違いについては、下図のように左右から来る原付などを発見できるa・b時点から衝突する地点C・Dまでの距離が異なり、それまでの時間的余裕が異なります。すなわち、右からのa車は相手が交差点の直近まで近づかないと発見できないのに対して、左からのb車は交差点の手前、まだ交差点まで少し距離のある地点で発見できます。

編集部:たしかに左側通行では右側から来る車両は手前を走っているので、発見してから衝突するまでの時間的余裕はないですし、右側の角に建物などがあって見通しが悪くなっていると、本当に直前まで来ないと見えませんね。速度を出せない原付はより道路の左端を走っているので、さらに危険ですね。

長山先生:そうですね。先ほどのデータには自転車はありませんでしたが、自転車は路側帯や状況によっては歩道も走行できるので、より出会い頭事故になる危険性が高いでしょう。

もっと【長山先生の「危険予知」よもやま話】を読む