2017年03月28日 17:10 掲載

ニュース・プラス 4月22日は“よい夫婦の日”
円満夫婦ほど
カーライフの満足度は高かった!?


夫婦円満、カーライフ、対人距離。その関係が明らかに

np170328-03-01.jpg

快適なカーライフとショッピングは切っても切り離せない!?

 文化人類学者エドワード・ホールは、二人の人間がいるとき、両者の間の物理的な距離を対人距離と定義し、この対人距離が二人の親密度を示すと主張した。ホールが示した対人距離の4分類のうち、最も親密であるとする恋人や家族の対人距離は45cm以内であるという。

 それでは、いつも二人で、仲良くドライブをする夫婦なら、より仲良しになっていくといえるのではないか。なぜなら運転席と助手席の距離は、おそらく45cmも離れていない。

 株式会社ホンダアクセスは、4月22日の「よい夫婦の日」にちなんで、30歳から69歳の既婚・自家用車を保有するドライバー1000名を対象に、「夫婦のライフスタイルとカーライフに関する調査2017」を発表した。すると、快適なカーライフを過ごす夫婦ほど、夫婦関係は円満であるという結果が見られた。

*調査期間:2017年2月21日~2月22日

422_02.jpg

 このグラフは次の二つを示している。

  • ● 夫婦のカーライフに満足している773人のうち、夫婦円満であると回答した人は89.4%
  • ● 夫婦のカーライフに満足していない227人のうち、夫婦円満であると回答した人は70.5%

 カーライフ満足度が高いほど、夫婦仲の円満さは高いといっていいだろう。

 そして、興味深いのは、今回の回答者1000人の自家用車である。僅差ではあるが、ホールの説を裏付けるかのように、「軽自動車」がトップに来ている。軽自動車の規格は車幅1.48m以内。夫婦円満に役立つ軽自動車が、最も二人の距離が近くなる車格なのだ。

●自家用車のタイプ
・軽自動車 24.6%
・ミニバン 24.4%
・コンパクトカー 24.2%
・セダン 12.8%
・SUV 5.7%

→ 次ページ:
クルマと夫婦円満の関係とは!?