2022年12月29日 06:00 掲載

クルマ トヨタ勝田選手が3位入賞!──WRCラリージャパン2022を振り返る

2022年11月10日から13日にわたり開催された世界ラリー選手権(WRC)第13戦ラリージャパンで、日本人ドライバーの勝田貴元選手(トヨタ)が3位表彰台を獲得した。12年ぶりの開催となった日本でのWRCだが、スケジュール変更やタイヤグリップが把握しづらい路面状況等により順位の変動が激しいレースとなった。

タグ:

文と写真=小林祐史(YKイメージ)

勝田選手が最終日に逆転3位で表彰台獲得

セレモリアルフィニッシュで声援に応える勝田貴元選手セレモリアルフィニッシュで声援に応える勝田貴元選手

 2022年11月10日(木)から13日(日)にわたり世界ラリー選手権(WRC)第13戦ラリージャパンが開催された。北海道札幌市で開催されたラリージャパンから12年ぶりの開催となった今大会は、舗装路(ターマック)中心のコースが設定されていた。

 ただしターマックといっても山間部の道路のため道幅は狭く、路面にはたくさんの落ち葉が散乱。晴天といえども路面温度が低いままで、タイヤのグリップが安定しない状況が続いた。

 加えて多くのドライバーが日本でのラリーは初体験だったため、コースアウトやアンダーステア、側溝にタイヤを落としパンクするなどで苦しめられた。そのような路面状況もあって4日間にわたって開催された今大会は、順位変動が多いレースとなった。

1日に使えるタイヤは6本まで

 順位をキープするのが難しいラリーで、日本人ドライバーの勝田選手は最終日をスタートする時点で4位につけていた。一方で優勝争いをしていたのは、ヒョンデのヌービル選手とトヨタのエルフィン・エバンス選手だった。猛烈な追い上げを見せていたエバンス選手だったが、SS16でパンクに見舞われてしまい、5番手まで順位を後退。残りのSS(スペシャルステージ)は2つのみ、さらに雨が降り始めたが、エバンス選手はレインタイヤを車に積んでおらず、追撃は不可能な状況となってしまった。

 代わりに3位に浮上したのが勝田選手だった。最終ステージで前年チャンピオンであるトヨタのセバスチャン・オジェ選手に追い上げられたが、勝田選手がタイム差を守り切り、母国での3位入賞を果たした。

優勝したヌービル選手が、2日目のリエゾン区間である豊田市小渡町(おどまち)を走行するところ優勝したヌービル選手が2日目のリエゾン区間である豊田市小渡町(おどまち)を走行するところ

 WRCのいまのレギュレーションでは、車に装着されている分も含めて1日に使えるタイヤは6本までという決まりになっている。今大会の4日目のように途中から路面状況が大きく変わることが予想される天気は、使用するタイヤをどのような組み合わせにするかが重要な鍵になる。

タイヤの6本をどのような組み合わせにするかが勝負の鍵となるWRCWRCは使用できる6本のタイヤをどのような組み合わせにするかが勝負の鍵となる

タイヤ選択が勝敗を決める

 3日目に各ドライバーが選択したタイヤの組み合わせは、首位だったヌービル選手はドライタイヤ4本を装着して、ウエット用を車内に2本積むという安全策を選択。対して、追い上げるエバンス選手とオジェ選手は、ドライ6本という雨が降る前に首位に出るというギャンブルに打って出る。

 その中で勝田選手は5本がドライで1本のみウェットという折衷案だった。逆に下位に沈んでいたフォードのクレイグ・ブリーン選手は、6本中4本をウェットにして雨のSSでステージタイムの1位を取ることだけに絞った内訳だった。ブリーン選手はこれで雨が降り出し後のSS18とSS19でいずれも1位を記録している。

 WRCの公式ウェブサイトでは、各ドライバーのタイヤ6本の内訳も発表されているので、その点も注目して今後を予想するのも楽しみの1つだ。なお雪やアイスバーンで出走するモンテカルロやスウェーデンラリーはスパイクタイヤ、スタッドレスタイヤも加えられるので、さらにタイヤ選択が重要な鍵となる。