2022年01月27日 19:10 掲載

クルマ WRC最年長優勝者に!47歳ローブ80勝目。開幕戦ラリー・モンテカルロ


文・入江大輔(モータースポーツライター)

47歳331日のローブが優勝

セバスチャン・ローブがドライブするフォード プーマ

セバスチャン・ローブがドライブするフォード プーマ ⓒJaanus Ree / Red Bull Content Pool

 ラリー1の初実戦となったのは、ドライターマック、スノー、アイスとコンディションが刻一刻と変わり、WRC随一の難しさを誇るモンテカルロ。ラリーがスタートすると、最大500馬力発揮し、従来のWRカーとは全く異なるドライバビリティを持つラリー1のコントロールに多くのドライバーが苦しめられることになる。その中で、僅差の優勝争いを繰り広げたのが、新旧チャンピオンのセバスチャン・ローブとセバスチャン・オジエだった。

 序盤から僅差のバトルを繰り広げていたふたりだったが、徐々にペースを上げたオジエが、21.1秒というリードを持って最終日を迎える。ところが、SS16でオジエが左フロントタイヤにパンクを喫して、大幅にタイムロス。これでローブがオジエをかわすと、そのままトップフィニッシュを果たした。ローブは2018年のカタルーニャ以来となる、自身80勝目を記録。さらに、47歳331日での勝利は、ビヨルン・ワルデガルドが持っていた46歳155日というWRC最年長優勝記録を更新している。

 モンテカルロの直前までサウジアラビアの砂漠でダカール・ラリーを戦い、2位表彰台を獲得。そこからモンテカルロへと直行し、雪と氷のラリーを戦ったローブは、「最高にうれしいよ! こんな結果になるなんて想像もしていなかった。優勝争いをできただけでなく、最後に勝つことができたからね。あらためて、素晴らしいマシンを用意してくれたチームには、心から感謝している」と、フィニッシュ後に喜びを語った。

フル参戦2年目の勝田貴元は痛恨のコースオフ

2022年の開幕戦は8位だった勝田貴元

2022年の開幕戦は8位だった勝田貴元 ⓒJoerg Mitter / Red Bull Content Pool

 4台目のGRヤリス ラリー1をドライブした勝田は、少しずつニューマシンに慣れながらペースを上げ、土曜日のデイ3の段階で5番手に浮上。しかし、降雪・凍結区間のあったSS13で痛恨のコースオフ。さらに側溝にはまりスタックしてしまう。周囲の観客の助けを借りてなんとか復帰を果たしたものの、これで13番手までポジションを落としてしまった。それでも最終日は2度の3番手タイムを刻むなど、ペースを取り戻し、最終的に8位を得た。

 「ブレーキング時のちょっとしたミスで、ラリー全体が台なしになってしまい、とてもガッカリしています。ただ、それを除けば、良い内容のラリーでした。新しいクルマについて多くを学び、どのようにドライブするのがベストか、ハイブリッドのパワーをどのように使ったら良いのかを理解できるようになりました」と、勝田は収穫を語っている。

ラリー1に苦労するチャンピオン候補たち

ヒュンダイ勢で唯一トップ10に入ったティエリー・ヌービル

ヒュンダイ勢で唯一トップ10に入ったティエリー・ヌービル ⓒJaanus Ree / Red Bull Content Pool

 ラリー1という完全なニューマシンで戦われた今回のラリー、上位2名はスポット参戦のドライバーとなり、選手権を争うドライバーの最上位は、3位に入ったMスポーツ フォードのブリーンとなった。一方、チャンピオン候補と目されていたトヨタのエルフィン・エンバスは21位、ヒュンダイのティエリー・ヌービルは6位、オット・タナックはリタイアで、それぞれがトラブルやアクシデントに見舞われた。

<WRC第1戦ラリー・モンテカルロ リザルト>

優勝 セバスチャン・ローブ/イザベラ・ガルミッシュ (フォード) 3時間00分32秒8
2位 セバスチャン・オジエ/ベンジャミン・ヴェイラス (トヨタ)  +10 秒5
3位 クレイグ・ブリーン/ポール・ネーグル (フォード) +1分39秒8
4 位 カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン (トヨタ) +2分16秒2
5 位 ガス・グリーンスミス/ジョナス・アンダーソン (フォード) +6分33秒4
6 位 ティエリー・ヌービル/マーティン・ヴィーデガ (ヒュンダイ) +7分42秒6
7 位 アンドレアス・ミケルセン/トシュテン・エリクソン (シュコダ) +11分33秒8
8 位 勝田 貴元/アーロン・ジョンストン (トヨタ) +12分24秒7
9 位 エリック・カイス/ペトル・テシンスキー (フォード) +12分29秒2
10 位 ニコライ・グリアンジン/コンスタンティン・アレクサンドロフ (シュコダ) +13分41秒3

・車名の後に※があるのはラリー2

<2022年WRCカレンダー>

第2戦ラリー・スウェーデン 2月24日(木)~27日(日)
第3戦クロアチア・ラリー 4月21日(木)~24日(日)
第4戦ラリー・ポルトガル 5月19日(木)~22日(日)
第5戦ラリー・イタリア サルディニア 6月2日(木)~5日(日)
第6戦サファリ・ラリー・ケニア 6月23日(木)~26日(日)
第7戦ラリー・エストニア 7月14日(木)~17日(日)
第8戦ラリー・フィンランド 8月4日(木)~7日(日)
第9戦 未定 8月18日(木)~21日(日)
第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャ 9月8日(木)~11日(日)
第11戦ラリー・ニュージーランド 9月29日(木)~10月2日(日)
第12戦ラリー・スペイン 10月20日(木)~23日(日)
第13戦ラリー・ジャパン 11月10日(木)~13日(日)

・カレンダーは124日時点のもの


各チームのハイブリッドラリーカーの詳細な写真は
下の「この記事の写真を見る」をクリック

WRCに関する記事