クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

道路・交通最終更新日:2024.02.22 公開日:2024.02.22

上信道 吾妻西バイパスは3月20日に開通! 国道145号のアクセス向上に期待。

上信自動車道(上信道)の吾妻西バイパスは、3月20日に開通する。現道の国道145号にかわるバイパスの整備で、移動時間の短縮や安全性の向上を期待したい。

文=KURU KURA編集部

資料=群馬県

国道145号にかわる上信道の吾妻西バイパスが開通!

上信自動車道(上信道)の路線図。(画像:群馬県)

記事の画像ギャラリーを見る

上信自動車道(上信道)は、関越道 渋川伊香保ICから東吾妻町、長野原町、嬬恋村を経由し上信越道に至る、延長約83kmの高規格道路である。

吾妻西バイパスの路線図。(画像:群馬県)

群馬県は、そのうち東吾妻町厚田から松谷まで整備を進めていた吾妻西バイパス(厚田IC-松谷東交差点)について、2024年(令和6年)3月20日(水)15時に開通すると発表した。

同じく整備を進めている吾妻東バイパス(厚田IC-植栗中之条IC)に先んじての開通となった。

現道の国道145号のアクセス向上や安全性の改善を目指したこのバイパス化。高速道路に準じた構造の道路を整備し、速達性と定時性を高めたことで、渋川伊香保IC-草津間の所要時間も1時間30分から1時間まで短縮した。同時に、災害時の通行止めで陸の孤島となりかねない吾妻で、国道145号の急傾斜地崩壊危険区域を回避できることから、災害時の代替路を確保するものとなった。

群馬県は、今後、吾妻東バイパスの整備を含め、渋川・吾妻地域の観光振興、物流の効率化など、道路整備の効果に期待するとしている。

【上信道 吾妻西バイパス概要】

1. 開通日時:2024年(令和6年)3月20日(水)15時

2. 開通区間:厚田IC(東吾妻町大字厚田地内)-松谷東交差点(東吾妻町大字松谷地内)
延長約7km

3. 記念式典
日時:2024年(令和6年)3月20日(水)10時
場所:東吾妻町大字岩下地内 (吾妻西バイパスと県道林岩下線の交差点付近)
主催:群馬県

式典では、テープカットや通り初めなど、記念行事を実施する。

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(4月30日まで)
応募はこちら!(4月30日まで)