クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

運転中に雪崩が起きたらどう対応すればいい? 雪崩防災週間に災害の防止と被害の軽減を考えよう

国土交通省は、毎年12月1日から7日を「雪崩防災週間」として定めている。本格的な雪のシーズンを前に、災害の防止と被害の軽減に対する意識を高めよう。

文=宮本 菜々(KURU KURA編集部)

資料=国土交通省

この記事をシェア

12月1日~12月7日は雪崩防災週間

運転中の雪崩のイメージ。(画像:(c) CrioStudio/MP_P - stock.adobe.comをもとに作成)

記事の画像ギャラリーを見る

北国から雪の便りも届きはじめる12月。国土交通省は12月1日~12月7日を「雪崩防災週間」と定めている。

雪崩とは「斜面に積もった雪が、重力の作用により下方に滑り落ちる現象」である。厳冬期に起きやすい表層雪崩は時速100~200km(新幹線並み)、春先に起きやすい全層雪崩は時速40~80km(乗用車並み)の高速で落下する。

表層雪崩と全層雪崩。(画像:国土交通省の資料をもとに作成)

道路上ではないものの、過去には、表層雪崩(新潟県旧能生町で発生)で住宅全壊10戸、全層雪崩(山形県尾花沢市)で住宅全壊1戸の被害を引き起こしており、雪崩の種類によらず、大きな被害となることがわかる。

日本の特別豪雪地帯・豪雪地帯と各地の積雪最深記録。(画像:国土交通省)

雪崩危険個所(豪雪地帯対策特別措置法に基づく)は、北海道、東北、北陸、関越だけでなく、関西圏(近畿・中国地方)でも指定されており、降雪・積雪地でなくても雪崩は起こり得る。

では、日頃からどのような対策をすればいいのか、もし、ドライブ中に雪崩に遭遇したらどのような対応をすればいいのか、この機会に確認しておこう。

ドライブ前に気象情報を確認しよう

冬期間は晴れた日でもドライブ前に気象情報を確認してほしい。冬の天候は変わりやすい。午前中は晴れていたのに、午後になって猛吹雪になることもある。雪崩は急激な気温の変化があったとき、大量に雪が積もったときに発生しやすい。雪崩に加えて、雪の中で立ち往生することになれば、一酸化炭素中毒や場合によっては凍死の危険もあり得る。

ドライブ前に気象情報を確認して、条件が悪いときには、むやみに車で出かけないようにしたい。

出発前に装備も万全にしよう

雪崩はもちろん、突然の暴風雪でも、車にスコップや牽引ロープを積んでおくと役に立つ可能性がある。また、災害に遭ったとき、すぐに捜索してもらえるよう、出かけるときは、家族など、第三者に行き先を知らせておくのも大切だ。

危険な箇所には近づかない

雪崩の前兆4項目。(画像:国土交通省)

雪崩の前兆を見逃してはならない。「クラック(斜面の裂け目)」、「雪庇(山の尾根からの雪のはり出し)」、「スノーボール(斜面を転がり落ちてくるボールのような雪のかたまり)」、「雪しわ(しわ状の雪の模様)」は、雪崩の前兆現象としてあげられる。道路に沿う斜面にこのような前兆現象がみられたときは、危険な箇所だと認識して、無理に走行しないようにしよう。

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(2月29日まで)
応募はこちら!(2月29日まで)