クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ2023.05.19

ニッサン180型消防ポンプ自動車がレストア! 約2年かけて走行可能に。

本格的な国産消防ポンプ自動車の第1号といわれる「ニッサン180型消防ポンプ自動車」が走行可能な状態にレストアされた。同車両は、6月15日(木)~18日(日)に開催される「東京国際消防防災展 2023」にて展示される。ニッサン180型消防ポンプ自動車とは、一体どのような車両なのだろう。

くるくら編集部

この記事をシェア

記事の画像ギャラリーを見る

ニッサン180型消防ポンプ自動車とは

ニッサン180型消防ポンプ自動車|レストア|東京消防庁|日産自動車|東京国際消防防災展 2023|フロント

レストアされた「ニッサン180型消防ポンプ自動車」。 画像=日産自動車

 東京消防庁と日産自動車株式会社は、「ニッサン180型消防ポンプ自動車」を走行可能な状態にレストア。6月15日(木)~18日(日)に開催される「東京国際消防防災展 2023」にて展示すると発表した。イベント初日には、仕上げ作業となる「ホーン取り付け」と合わせて、お披露目が行われる。

 「ニッサン180型消防ポンプ自動車」は、本格的な国産消防ポンプ自動車の第1号といわれる車両。1941年に発売されたニッサントラック180型をベースに消防ポンプ車へと架装されている。180型は、アメリカのグラハムページ社が設計したキャブオーバー型トラックを国産化した「ニッサントラック80型」をフルモデルチェンジした車両だ。

ニッサン180型消防ポンプ自動車|レストア|東京消防庁|日産自動車|東京国際消防防災展 2023|サイド

ニッサン180型消防ポンプ自動車|レストア|東京消防庁|日産自動車|東京国際消防防災展 2023|走行風景

「ニッサン180型消防ポンプ自動車」のサイドと走行風景。 画像=日産自動車

 今回レストアされたニッサン180型消防ポンプ自動車は、1941年に大田区の蒲田消防署に配置され、戦時中は空襲火災の消火活動で大きな力を発揮。その後、1945年5月に高輪消防署(現在の二本榎出張所)に配置され、東京オリンピックが開催された1964年10月まで使用された。前線を退いた後は、高輪消防署二本榎出張所で、広報車両の1台として展示されてきた。

約2年のレストア作業で走行可能に

ニッサン180型消防ポンプ自動車|レストア|東京消防庁|日産自動車|東京国際消防防災展 2023|プロジェクトメンバー

レストアのプロジェクトメンバー。 画像=日産自動車

 今回のレストアは、「走行ができなくなっているニッサン180型消防ポンプ自動車を再び走らせることができないか」という東京消防庁企画調整部広報課から日産への相談を受けて開始。日産の社内活動で、歴代の日産車の再生に取り組む「日産名車再生クラブ」に所属する4名のエンジニアが担当した。

 日産名車再生クラブのエンジニアたちは、当時の塗装や凹みなどは活かしつつ、走行を実現するために約2年にわたって数々の作業を実施。当初の目標としていた、走る、曲がる、止まるというクルマの基本性能のみならず、動かなくなっていた方向指示器やワイパー、点灯しなくなっていた赤色灯など車両全体の電気系統の再生まで実施したという。

ニッサン180型消防ポンプ自動車|レストア|東京消防庁|日産自動車|東京国際消防防災展 2023|方向指示器

ニッサン180型消防ポンプ自動車|レストア|東京消防庁|日産自動車|東京国際消防防災展 2023|整備要領書

「ニッサン180型消防ポンプ自動車」の方向指示器と当時の整備要領書。 画像=日産自動車

 東京消防庁によると、レストアが完了したニッサン180型消防ポンプ自動車は、東京国際消防防災展 2023での展示後、東京消防庁の広報車両として保管され、今後、同庁が実施するイベント等で活用される予定だという。

【ニッサン180型消防ポンプ自動車お披露目イベント概要】
日時:2023年6月15日(木)12:00~12:30
場所:東京国際消防防災展 2023 屋外展示会場
(東京ビックサイト、東京都江東区有明3-11-1)
タイムスケジュール:
時間 内容
12:00 東京消防庁挨拶
12:05 日産エンジニアによるホーン取り付け
12:10 エンジン始動
12:15 走行シーン上映
12:20 フォトセッション
12:25 質疑応答
12:30 終了

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

次回は3月5日からスタートです!
次回は3月5日からスタートです!