クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2023.03.30 公開日:2023.03.30

シン・仮面ライダーの「サイクロン号」を東京モーターサイクルショーで発見!

3月24日から26日にかけて東京ビッグサイトで開催された東京モーターサイクルショーで、3月18日から公開が始まった映画「シン・仮面ライダー」に登場するサイクロン号が展示された。

文=くるくら編集部

記事の画像ギャラリーを見る

上映開始後のタイムリーな展示!

映画「シン・仮面ライダー」に登場するサイクロン号(変形後)と展示ブース。

 今年の3月18日に公開されたばかりの映画「シン・仮面ライダー」に登場する「サイクロン号(変形後)」が、3月24~26日までの3日間で開催された第50回 東京モーターサイクルショー(TMCS)にて展示された。

 シン・仮面ライダーは仮面ライダー生誕50周年企画作品として製作され、脚本・監督は庵野秀明氏が務めた。このサイクロン号は、作品の主人公である本郷猛(仮面ライダー1号)の愛機として活躍する。

 劇中ではサイクロン号が変形するため、変形の前後でベース車両が異なる点も、ファンが楽しめる要素のひとつだ。変形後のサイクロン号のベース車両はシン・仮面ライダー 製作委員会が発表している通り、ホンダの「CB650R」。ちなみに変形前のベース車両はホンダの「CB250R」だ。

新しいサイクロン号は歴代のサイクロン号へのオマージュを感じつつも、違った方向性を持つデザイン。

ホンダのスポーツネイキッド「CB650R」。写真=ホンダ

 会場では、映画の上映が始まったばかりということもあり、サイクロン号の展示ブースでは多くのファンが鑑賞や撮影を楽しんでいた。サイクロン号は劇中で大活躍するので、映画館で確認することをおススメする。

 仮面ライダーを観てバイクに興味を持ったという人は、いつの時代も必ずいるハズだ。

車両の前面と背面。

フロントの4つのライトには、複眼のような六角形のディテールが施されている。

ハンドルまわり。メーター類やサイドミラーは外されている。

最も目を惹く、左右両側に3本ずつ配置されたマフラー。さらに写真右下の方を見てみると……

この6本はジェット噴射口、、、。

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(4月30日まで)
応募はこちら!(4月30日まで)