クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ2023.03.01

3月1日より運行開始! 渋谷の「ハチ公バス」にEVバスを導入!

渋谷区が東急バスに運行を委託している「ハチ公バス(神宮の杜ルート)」において、EVモーターズ・ジャパン製のEVバス「F8 series4-Mini Bus」2両が納車され、3月1日から運行が開始する。2023年から次々とEVバスの納車・運用が決まっている同社のEVを見てみよう。

文=原田磨由子
写真=EVモーターズ・ジャパン

この記事をシェア

記事の画像ギャラリーを見る

神宮の杜ルートで国産EVバスが活躍

SHIBUYA♡HACHI仕様の外装で納車されたEVM-JのEVバス。写真=EVモーターズ・ジャパン

 2003年から運行が始まり、1乗車につき大人も子供も100円で利用できるハチ公バスは、4つのルートを走る渋谷区のコミュニティバスだ。そんなハチ公バスでは今回、渋谷駅~表参道・千駄ヶ谷・代々木駅を周回する「神宮の杜ルート」にて、EVモーターズ・ジャパン(以下、EVM-J)のEVバスが3月1日から運行する。納車は2台ということで、神宮の杜ルートでは従来のディーゼル車両と共通で運用となり、運行ダイヤは日によって異なるとのこと。

  EVバス導入セレモニーは2月12日に渋谷区役所にて行われ、渋谷区長 長谷部 健氏、東急バス代表取締役社長 古川卓氏、EVM-J代表取締役社長 佐藤裕之氏らが登壇した。

人物は左から東急バス代表取締役社長 古川卓氏、渋谷区長 長谷部 健氏、EVM-J代表取締役社長 佐藤裕之氏。キャラクターは左が渋谷区観光協会の「SHIBUYA♡HACHI」、右は東急バスの「ノッテちゃん」。

報道陣に公開されたEVバス。

EVコミュニティバス「F8 series4-Mini Bus」の車内(写真左)。

ハチ公バス4つあるルートの一つ「神宮の杜ルート」。画像=渋谷区

バスの仕様について

 従来のEVバスは、車両総重量が重く、電力消費が大きいためにバッテリーの消耗が激しく、航続距離が延びないという課題があった。この課題を、電力の効率的なコントロールと車両の軽量化により解決。航続距離を大きく延ばすとともに、消費電力を抑え、ラン二ングコストを削減したEVバスが実現された。さらに、安全性・利便性の高いバスのみに与えられる、標準仕様ノンステップバス認定も取得している。

■EVM-J コミュニティEVバス(6.99m)
車名:F8 series4-Mini Bus
乗車定員:29
航続距離:290km (時速40km、負荷重65%,エアコンオフ時)
※実際の走行時の走り方や条件(気象、道路、運転、架装等の状況)により、航続距離は変化。
バッテリー容量:114kWh

外装には「SHIBUYA♡HACHI(シブヤ ラブ ハチ)」の意匠が盛り込まれている。※ハチペイは、デジタル地域通貨とは渋谷区内の店舗で利用ができる電子通貨のこと。

EVモーターズのEVバスが次々に出発!

松山市川内線で運行が始まった「F8 series2-City Bus(10.5m)」

 EVM-Jの佐藤氏が、2023年はEVバス導入元年になるとコメントしたように、年始からEVM-J製のEVバスが次々と採用されている。まず伊予鉄グループでは、1月26日から愛媛県松山市で大型EV路線バス「F8 series2-City Bus(10.5m)」の運用を開始し、川内線 (松山市駅~川内・さくらの湯 区間の18.2km)を1日3.5回運行する。

 次に、2月21日に那覇バスでお披露目式があった、EVM-J製の大型路線EVバス(上記のバスと同型)は、3月13日から運行が開始される。ちなみに那覇バスでは2022年4月にも既に路線用に小型EVバスを導入している。

 EVM-Jは2023年秋に北九州にて商用EV組み立て工場の稼働を予定している。商用EVの量産体制の構築を強化すれば、国産EVバスがもっと多くの地域で活躍することだろう。

那覇バスで運用されるEVM-Jの大型路線EVバス。

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(2月29日まで)
応募はこちら!(2月29日まで)