クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

道路・交通最終更新日:2022.12.06 公開日:2022.12.06

冬の運転は甘くない! ドライバーの半分以上がトラブル遭遇経験アリ。

凍った路面にタイヤが滑ってヒヤリとした経験はないだろうか。寒い日が多くなってくると、気になるのが道路状況だ。ドライバーが注意すべきポイントとは? 日本トレンドリサーチとグーネット中古車は共同で「冬のクルマのトラブル」に関するアンケート調査を実施した。

文=高田ひかる 資料提供=日本トレンドリサーチ

記事の画像ギャラリーを見る

クルマを運転する全国420人に調査。

(c)candy1812 - stock.adobe.com

(c)candy1812 – stock.adobe.com

 スキーやスノーボードなど、冬ならではの楽しみは多い。これからの季節、雪道でのクルマの移動も増えてくるだろう。そこで心配になるのが移動中のクルマのトラブルだ。では実際にはどのような事例があるのだろうか。

 日本トレンドリサーチとグーネット中古車は、共同で冬のクルマのトラブルに関するアンケート調査を2022年11月に全国420人に行った。

クルマのトラブルにあった人は約半数の51.7%。

2022年11月に行われた、冬のクルマのトラブルに関するアンケート結果。

質問1:冬の運転で、何かクルマのトラブルに遭ったことがありますか?

 冬の運転で「トラブルに遭ったことがある」と回答した方は51.7%にも上った。

 北日本、東日本、西日本の地域別での集計では、「北日本」の方が66.4%ともっとも多い結果となり、「東日本」「西日本」でも4割以上が冬の運転でトラブルに遭ったことがあると回答した。

2022年11月に行われた、冬のクルマのトラブルに関するアンケート結果。

実際のトラブルの実例とは?

(c)scharfsinn86 - stock.adobe.com

(c)scharfsinn86 – stock.adobe.com

質問2:冬にどのようなクルマのトラブルに遭ったことがあるか教えてください。

 回答として多く寄せられたのが「路面が凍結していてハンドルが利かなくなってしまった」や「積雪で動けなくなってしまった」というものだった。

 一方で、タイヤチェーンやスタッドレスタイヤの準備不足が招いてしまうトラブルも多いようだ。コメントは以下の通り。

北日本

・スリップしてハンドルがロックされて対向車にぶつかりそうになったり、目の前で対向車同士がスリップして正面衝突したりするトラブルに遭ったことがある。(60代・男性)

・タイヤが雪に埋まって動かなくなった(60代・女性)

東日本

一部凍結した路面でスリップした。直ぐに停車したので大事には至らなかったが、停車しなければ自損事故になっていた。(50代・男性)

・スタッドレスタイヤを履き忘れて坂道の雪道を走行できなかった。(40代・女性)

・タイヤチェーンをうまく巻けなくて、フックがタイヤに刺さってパンクしてしまった。とりあえず行けるところまで行って、JAFに助けてもらった。(50代・男性)

・アイスバーンでハンドルが利かなくなった。吹雪で一寸先も見えなくなった。屋根から大雪が落ちて来て屋根が凹んだ。(50代・女性)

西日本

・路面が凍結しているところに出くわしたが、チェーンを所持していなかった。(50代・男性)

・高速道路で移動中に、突然エアコンの操作ができなくなりフロントガラスが曇り始めた。曇らないように全部の窓を開け、目的地までなんとか走り抜いた。(50代・女性)

地域特有のトラブルとは?

2022年11月に行われた、冬のクルマのトラブルに関するアンケート結果。

質問3:あなたが普段運転している地域ならではの、冬のクルマのトラブルはありますか?

 この質問には積雪の多い北日本からもっとも多くの回答が集まり、72.9%が「ある」という結果になった。では実際に、どのようなトラブルが多いのだろうか。コメントは以下の通りだ。

北日本

・大雪による渋滞がひどく、通勤に2時間くらいかかることがある。災害レベルだ。(50代・女性)

ホワイトアウトに遭う。(50代・女性)

・大雪で道路が狭くなり、お互いに譲り合わないとクルマが通行できなくなったり、バスが止まってしまったりすることがある。(60代・男性)

西日本

・普段あまり雪が降らないため、降ると大渋滞してしまう。(40代・女性)

・滅多に雪が積もらないので、何年かに一度積もるとあちこちで事故が起きる。(50代・男性)

雪があまり降らない地域なので、少しの雪でも橋桁等でスリップしたりして皆慌てる。(40代・男性)

めったに凍結しない土地なので、たまに凍るとタイヤが怖い。(50代・女性)

雪が少なくノーマルタイヤなので、たまに雪が積もると運転できない。(40代・女性)

「まさか」に備えて冬の準備は確実に! 

(c)Nejron Photo - stock.adobe.com

(c)Nejron Photo – stock.adobe.com

 今回の調査では5割以上のドライバーが、冬の運転でトラブルに遭ったことがあり、地域別で見ると「北日本」の方が66.4%でもっとも多いことがわかった。

 トラブルの多くは積雪や路面凍結によるものだったが、雪が滅多に降らない地域では、雪が降ると対応できずにトラブルが多発してしまうこともあるようだ。

 クルマでの移動を取りやめることが難しい場合には、あらかじめスタッドレスタイヤやチェーンなどを準備しておくことが大切。 

 雪や凍結などがほとんど無いという地域でも、いざという時のために備えておくと良いだろう。

「冬のクルマトラブルに関するアンケート」調査概要
調査期間:2022114日 ~117
調査機関:日本トレンドリサーチ(自社調査)
集計対象:事前調査で「クルマを運転する」と回答した全国の男女
有効回答:420サンプル(北日本、東日本、西日本、各140サンプル)
調査方法:インターネット調査
※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合がある。

<資料提供>
日本トレンドリサーチ:https://trend-research.jp/16160/
グーネット中古車:https://www.goo-net.com/

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月30日まで)
応募はこちら!(6月30日まで)