クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2018.09.04 公開日:2018.09.04

RQ大賞2018コスチューム部門グランプリは『KY Honey』に決定!

 レースクイーンのナンバー1をファン投票で決定する「日本レースクイーン大賞」。大賞のほかに「新人部門」「コスチューム部門」の 2部門が開催されており、コスチューム部門のグランプリが9月2日(日)に発表された。

180903-15.jpg

ファイナリスト10組の中から頂点に輝いたのはどのチーム?

 コスチューム部門グランプリでは、エントリーした50チームの中から、まずはファイナリスト10チームが発表される(※ファイナリストとなった10チームの紹介記事はこちら)。その中からさらにファン投票が行われ、グランプリが決定。当記事では、ファイナリスト10チームの中から、1~5位にランクインしたチームを上位から紹介する。

2018年度コスチューム部門の第1位は『KT Honey』に決定!

山下莉果、小嶋みやび、河瀬杏美180903-16_4.jpg

どのチームとも異なる、群を抜いた個性とインパクトで堂々のコスチューム部門第1位を獲得!

 2018年度の第1位に輝いたのは、今年誕生したばかりの新チーム『KT Honey』! 一目で他と異なる印象の小悪魔的なコスチュームは一度見たら忘れられないインパクト。そのコスチュームを着用しているのが、人気レースクイーンの山下莉果と河瀬杏美、そして今年の新人賞で準グランプリを獲得した小嶋みやび。ユニットとしても注目度が高かった『KT Honey』が頂点に輝いた。

180903-17_4.jpg

戦国武将をモチーフに、甲冑をイメージした肩パットとパレオはインパクト大。素材には岡山産デニムを採用しているため、このカラーリングになっている。

第2位!5冠達成ならず『Pacific Fairies』

松田沙耶、飯野真希、林ゆめ、村山久美、南まりあ、空陸海ゆきな180903-18_4.jpg

とどまることを知らない勢いを感じさせてくれた『Pacific Fairies』だが、今回は一歩届かず2位となった。

 昨年は新人賞、コスチューム部門、そしてグランプリの3冠を総なめ。さらに今年の新人賞も受賞し、RQ大賞史上初の4冠の新記録を更新した『Pacific Fairies』。残念ながら今回は2位にとどまり、5冠の記録達成には届かなかった。

→ 次ページ:
惜しくも3位となったのは、あの人気チーム!

第3位!『2018 D’stationフレッシュエンジェルズ』

林紗久羅、小越しほみ、宮本りお、霧島聖子、中村比菜180903-19_4.jpg

ファンの間から最も熱い声援が飛び交う人気チームだがグランプリには届かず!

 第3位となったのは『2018 D’stationフレッシュエンジェルズ』。イベント会場などの現場では、毎回のように大声援が沸き起こり、ファンもメンバーも熱い一体感を持った人気チーム。熱い思いで頂点を狙うも、今回は惜しくも3位にとどまった。

第4位!『レーシングミクサポーターズ2018』

香月わかな、宮越愛恵、鈴菜、荒井つかさ180903-20_4.jpg

遊び心あふれるアイテムがちりばめられたコスチュームが話題に!

 第4位は『レーシングミクサポーターズ2018』。年々遊び心が増しているかのようなコスチュームでインパクトは抜群。他チームとは一線を画す個性的なスタイルで今年は第4位を獲得した。

第5位!初参戦の『Modulo Pretty&Moduloスマイル』

安藤麻貴、はるま、生田ちむ180903-21_4.jpg

3人の人気レースクイーンで構成されているだけあって人気の高いチームだ。

 第5位にランクインしたのは初参戦の新しいチーム『Modulo Pretty&Moduloスマイル』。安藤麻貴と生田ちむは昨年のレースクイーン大賞で入賞を果たした人気レースクイーン。また、写真中央のはるまは今年の新人賞のファイナリスト。3人の精鋭で構成されていることも人気のポイントだが、赤と黒の力強い色味のコスチュームに多くの票が集まった。

総評:多くのファンの思いが反映された結果に

 一昨年まではアニメキャラ系のコスチュームが全盛だったが、そのムーブメントも昨年度には落ち着いたように見えた。そんな中、今回の第1位を獲得した『KT Honey』が、ロールプレイングゲームから飛び出したようなインパクトあるコスチュームで登場。一気に頭角を現した。それに加えて、4冠の記録更新中の勢いに乗った『Pacific Fairies』と、現場のファンに熱く支えられている『2018 D’stationフレッシュエンジェルズ』の三つ巴になると予想され、結果その通りの頂上戦となった。次点として推していた『Y’s distraction Gal』が、上位入賞に届かなかったのは悔やまれるが、激しい攻防の末の結果であったことだろう。

 なお、今回のコスチューム部門の表彰式は、来年1月の東京オートサロン会場で行われる「日本レースクイーン大賞」グランプリ発表のステージで同時に行われる。

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月30日まで)
応募はこちら!(6月30日まで)