2017年06月13日 01:03 掲載

ニュース・プラス フィラデルフィア、ワシントンD.C.、アントワープ、重慶。
世界中で「歩きスマホ専用レーン」が作られていた!


170613-00.jpg

ワシントンD.C.の歩道に出現した、歩きスマホ専用レーン。© Mail Online News

 消費者庁が行った2015年の調査によると、わが国のスマホ所有率は、6歳以上が53.1%、20歳台は92.9 %にも登るという。
 スマホ人口が増え続ける中、日本でも歩きスマホが問題になっているが、これは世界の各都市でも同様のようだ。そして、欧米や中国では、歩行者専用道で電話をしたり、テキストを書いたり、歩きスマホをする人のための専用歩道「歩きスマホ専用レーン」なるものが登場、ユニークすぎる?対策が話題になっている。

世界の歩きスマホ専用レーン

 歩きスマホをする人のためのレーンは、すでに2012年にアメリカのフィラデルフィアで試験的に導入されている。
 NBCが伝えるところによると、「E-LANE」と呼ばれるスマホ使用者専用の道は、フィラデルフィア市が設置したもので、一週間だけの試みとして行われた。同市市長は、フィラデルフィアでは、歩行者が4時間に1人交通事故にあっており、歩きスマホは目を閉じて横断歩道を渡るようなものであるとコメントをしている。ニュース映像は、この初めての試みに戸惑いを見せている市民の様子や、こういったレーンの出現とともに歩きスマホに反対するプラカードを持った市民がデモしている様子を伝えている。

フィラデルフィアで試験的に行われた「歩きスマホ専用レーン」のニュース映像

 2014年にはワシントンD.C.にスマホをする人専用レーンが出現した。Yahoo Techの記事によると、歩きスマホ専用のレーンに隣接してスマホ禁止レーンがダウンタウンの歩道に作られており、これはナショナル・ジオグラフィックがテレビ番組用に「人々がどんな行動にでるか」を確認するための企画ものだったという。得られたデータの中から、以下のような反応があったことが報告されている。

・ほとんどのスマホ利用者は画面に集中しているので、レーンに気がつかなかった。
・気がついたうちの少人数しか、実際にレーンの変更をしなかった。
・もっとも多かったリアクションは、レーンの写真を撮ることだった。

→ 次ページ:
スマホ会社の宣伝?