2020年07月13日 15:50 掲載

ライフスタイル 新型コロナ後の2020年、世界のモータースポーツ開催カレンダー


くるくら編集部 小林 祐史

WRCは新カレンダーでも、最終戦はラリー・ジャパン!

第3戦ラリー・メキシコで優勝したトヨタのオジェ/イングラシア

3戦ラリー・メキシコで優勝したトヨタのオジェ/イングラシア。写真:トヨタ

 新型コロナウイルス感染拡大前の1月に開幕したWRC世界ラリー選手権(以下WRC)は、3月の第3戦ラリー・メキシコの開催中に、新型コロナウイルスが世界的に感染拡大し始め、世界各国で渡航・入国制限が厳しくなった。そこで関係者の帰国に配慮し、会期を1日短縮して14日(土)にラリーを終了。その後はシリーズを中断していた。

 新型コロナウイルス感染拡大前には年間14戦を予定したWRCだが、新たなカレンダーは8戦へと縮小。この8戦には終了している第1戦から3戦のラリー・モンテカルロ、ラリー・スウェーデン、ラリー・メキシコも含まれている。残りの5戦は94日から1122日で開催。その再開戦となる第4戦ラリー・エストニアは、会期を3日間に短縮したスケジュールで行われる予定だ。それ以降のラリーは通常の4日間開催に戻る。

 そして感染拡大前から最終戦とされていたラリー・ジャパンは、新カレンダーでも最終戦に組み込まれた。開催は1119日からで、愛知県新城市にて開催される予定だ。

WRC 2020年開催カレンダー

123日(木)-26日(日):第1戦ラリー・モンテカルロ
2
13日(木)-16日(日):第2戦ラリー・スウェーデン
3
12日(木)-14日(土):第3戦ラリー・メキシコ

-----------中断-----------

94日(金)-96日(日):第4戦ラリー・エストニア
9
24日(木)-27日(日):第5戦ラリー・ターキー(トルコ)
10
15日(木)-18日(日):第6戦ラリー・ドイチェランド(ドイツ)
10
29日(木)-111日(日):第7戦ラリー・イタリア・サルデーニャ
11
19日(木)-22日(日):第8戦ラリー・ジャパン
※カッコ内は開催国。

第3戦終了時点のWRCドライバーランキング上位

1位:セバスチャン・オジェ(フランス、トヨタ)62ポイント
2
位:エルフィン・エバンス(イギリス、トヨタ)54ポイント
3
位:ティエリー・ヌービル(ベルギー、ヒュンダイ)42ポイント
4
位:カッレ・ロバンペラ(フィンランド、トヨタ)40ポイント
5
位:オット・タナック(エストニア、ヒュンダイ)38ポイント
※カッコ内は国籍・自動車メーカー。

→次ページは
WEC世界耐久選手権

2020年の世界的なモータースポーツに関する記事