クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

ライフスタイル最終更新日:2018.07.30 公開日:2018.07.30

デキる男になるにはどうしたらいい?

20代の男です。
デキる男になるには、どうしたらいいですか?


純一

情報分析と人間観察

私はいくつかの会社を経営しています。
何人ものデキる男女が働いているので、彼らを参考に答えてみます。

まず、デキる人間は視野が広く、思考が深いです。
目標設定がうまいし、その目標のためにやるべきことの理解が早い。
人間観察も鋭く、分析も的確です。
そして、彼らは自分自身のこともよく分析しているので、
自分が苦手な分野を、うまく他人にフォローしてもらうことができる。

ここが、意外に大切な気がします。
上司や仲間、部下たちに頼ることで、
自分のマイナスをプラスにすることができるわけです。

そう考えると、
デキる男になるには、情報分析と人間観察がうまく、
周囲を上手に巻きこんで、ものごとを進めることを目指す。
これに尽きるように思います。

他の人のアドバイスも聞きたい

バンジョー

恵子

恵子

デキる男をマネる

デキる男になるには、デキる男をマネるのがいいんじゃない?
自分が「ああ、あの人はデキるなぁ」と思う人をターゲットにして、
仕事ぶりや会話や仕草や、
できれば親しくなって、食事にもいっしょに行って、
考えかたや趣味や嗜好なんかも徹底的に知って、
マネをする。

女の人が、美しいと思う女子をマネる感覚よね。

もちろん、性格的にいやなヤツってこともあるから、
そこはうまく回避して、
仕事に役立つことをピックアップしていくことも大切ね。

マネることが目的ではなく、
デキる男になることが目的なので、そういう取捨選択も必要です。

で、デキる男をマネして、2年もすれば、
あなたもデキる男になっていると思う。

他の人のアドバイスも聞きたい

純一

バンジョー

バンジョー

デキる男、ではなく

「デキる男になりたい」って思ってるところが、
もう、最初っから、いけてない感じがする。

好きな仕事を一生懸命にやっていると、
いつの間にか、仕事って、できるようになるんじゃない?
不器用だったり、コミュニケーション能力が不足していたり、
ちっともスマートじゃないけど、仕事ができる人っているからね。
周囲から見ると、あまりかっこよくないけど、
その仕事を愛してるんだなぁって思える人……。
いかにも「デキる」っていうより、そっちのほうが正しいと思うけど。

デキる男なんていうのを目標にしないで、
好きな仕事を、こつこつと、まじめにやる。
そこがまず、大切なんじゃないですかね。

他の人のアドバイスも聞きたい

純一

恵子

ライター・松尾の右往左往

今回の投稿者さんは、もしかすると、社会に出たばかりの若者なんでしょうか。
「デキる男になりたい」なんて、ちょっと、なつかしい感覚で、
うれしくなってしまいます。

「24時間、戦えますか」ってコマーシャルがあったんですよ、昔。
でもまぁ、いまでは、それ、ブラックのススメみたいな感覚ですよね。

デキる男って、時代とともに変化するんでしょうね。
昔は企業戦士みたいなイメージですけど、
現代では、休日もしっかり楽しんで、家庭も大切にして、
ガツガツしないで、余裕を見せつつ、それでも、仕事はできる、と。

今回の回答でいうと、
バンジョーの答えが、意外に、大切なメッセージだという気もします。

デキる男を目標するのではなく、仕事を愛しなさい。
仕事を愛するってことが、人生を楽しく豊かにするコツですよね。
そうやって、楽しく仕事をしていると、
いつの間にか、デキる男になっているってことですね。

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月30日まで)
応募はこちら!(6月30日まで)