クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

ライフスタイル最終更新日:2024.01.15 公開日:2024.01.15

大人のトミカに新シリーズが爆誕!「トミカプレミアム レーシング」第一弾はホンダ「NSX-GT」【東京オートサロン2024】

東京オートサロン2024の会場にて、タカラトミーからミニカーの新シリーズ「トミカプレミアム レーシング」が発表された。その第一弾となるホンダ「NSX-GT」2種を紹介する。

文と写真=岩井リョースケ(KURU KURA)

トミカプレミアム レーシングより、「RAYBRIG NSX-GT TEAM KUNIMITSU」(上段)と「HRD 99号車 NSX-GT」(下段)

記事の画像ギャラリーを見る

細かいプリントが嬉しい! さらにじっくりと眺めたくなるトミカ

1月12~14日まで幕張メッセで開催された「東京オートサロン2024」にて、タカラトミーのブースではトミカなどの新作ミニカーが多数出展された。その中で、大人をターゲットとしたトミカ プレミアムシリーズに“Racing”を加えた「tomica PREMIUM Racing」シリーズの始動が前面に打ち出され、塗装済みのミニカー「NSX-GT」が実車とともに展示されていたので、紹介する。

トミカの新シリーズ「トミカプレミアム レーシング」のロゴ。

■新シリーズ始動の背景
メーカー担当者によると、GT・レーシング系のモデルはこれまでもトミカリミテッドシリーズでも展開しているが、ステッカーやプリントによる「ロゴ」がびっしりと入った、ディテールに凝ったモデルがなかった。そのため、これらを独立させてGTをラインナップに追加しようという試みで本シリーズが立ち上げられたという。ちなみに本シリーズでは通常のトミカとは異なるパッケージが用意されているが、サイズはいつもの“赤箱”(およそ幅78×高さ39×奥行き27mmのパッケージ)に入るよう統一されるため、1/60前後のスケールで立体化されているそうだ。

そして、このトミカプレミアム レーシングの記念すべき第一弾として、ホンダ「RAYBRIG NSX-GT」と「HRD 99号車 NSX-GT」の2種が4月に発売される予定だ。

レイブリックNSX-GT

■RAYBRIG NSX-GT “TEAM KUNIMITSU”
ブルーを基調としたボディカラーのレイブリックNSX-GTは、ホンダのレーシングカーNSX-GTに、スタンレー電気が扱う自動車用品ブランド「RAYBRIG」がスポンサーとなったマシン。1996年から全日本GT選手権(現在のスーパーGT)に参戦し、1997年には高橋国光氏が率いる「チ-ム国光」とタッグを結成。全国のサーキットを転戦し、1998年には全日本GT選手権でシリーズチャンピオンを獲得。さらに2020年には、スーパーGTシリーズ最終戦で劇的な大逆転によりシリーズチャンピオンの座に輝いている。

HRD 99号車 NSX-GT

■HRD 99号車 NSX-GT
HRD(ホンダ・レーシング・ディベロップメントの略)が開発し、スーパーGT GT500クラスに参加したマシンが99号車 NSX-GT。NSXのエクステリアを継承しながら、レース専用に開発された2.0L直列4気筒直噴ターボエンジンを搭載。このマシンは2022年のスーパーGTシリーズ第2戦の鈴鹿1000kmでは、予選でポールポジションを獲得し、第3戦のオートポリスでは見事、優勝を飾っている。

以上の2種が、いずれも税込み価格1980円で4月から発売される予定だ。

また、第二弾以降のラインナップは現時点では確定しておらず、シリーズの定義にWRCやフォーミュラーも加えていくかも含め、現在検討中とのこと。びっしりとロゴが追加された本シリーズは、手に取ってまじまじと各部を眺めて楽しむのに最適なミニカーとして大人気となりそうだ。

ミニカーと共に展示されたレイブリックNSX-GTの実車と、拡大したミニカーのパッケージを持つブーススタッフ。

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(4月30日まで)
応募はこちら!(4月30日まで)