クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ2023.11.29

トヨタありがとう! 「ランドクルーザー“70”」の販売がついに再開。今回はKINTOでも乗れるぞ。

トヨタが「ランドクルーザー“70”」の再々販売をついに開始。現代に復活した“新型”ナナマルは何が変わった?

文=原アキラ

写真=トヨタ自動車

この記事をシェア

ランクル70(ナナマル)とは?

トヨタ ランドクルーザー“70”|Toyota Land Cruiser "70"

記事の画像ギャラリーを見る

トヨタ自動車は11月29日、ランドクルーザー“70”の販売を開始した。

ランドクルーザーは1951年に登場したトヨタBJ型がルーツで、シリーズとしては今年で72周年。「どこへでも行き、生きて帰ってこられるクルマ」を思想として開発されており、現在までに約170の国と地域で、累計1,130万台が人々の命や暮らしを支えてきた。

中でも1984年に誕生した“70”シリーズは、約40年間ランドクルーザーの普遍的価値である「信頼性・耐久性・悪路走破性」を変わることなく追求し続けてきたヘビーデューティーモデルで、2004年に一旦国内販売を終了したものの、2014年には期間限定で再販売を行うなど、その人気の高さをキープし続けていた。

新型ランクル70は何が変わった?

トヨタ ランドクルーザー“70”|Toyota Land Cruiser "70"

9年ぶりの国内販売が決まったランドクルーザー“70”の最大の進化はパワートレーンのリニューアルで、さらに操縦安定性、デザイン、安全性能がアップデートされている。パワーユニットとなるのは高出力・高トルクを兼ね備えた「1GD-FTV」型2.8L直噴ターボディーゼルエンジンで、最高出力150kW(204PS)、最大トルク500Nmを発生。力強い走破性を実現するとともに低騒音、静粛性への配慮がされており、高い燃費性能と容量130Lの大型燃料タンクによって長い航続距離が確保されている。

駆動方式はフレックスロックアップ式スーパーインテリジェント6速オートマチック(6 Supe ETC)トランスミッションによって4輪を駆動するパートタイム4WDシステムで、強靭なラダーフレーム、悪路走破性に欠かせない電動デフロック、ビークルスタビリティコントロール(VSC)、アクティブトラクションコントロール(A-TRC)、ヒルスタートアシストコントロール(HAC)、ダウンヒルアシストコントロール(DAC)などの駆動力、制動力制御システムを採用することで高い操縦安定性を得たほか、サスペンションを改良することでオンロードでの乗り心地も向上したという。

価格は480万円。KINTOでも乗れる!

トヨタ ランドクルーザー“70”|Toyota Land Cruiser "70"

全長4,890mm、全幅1,870mm、全高1,920mmの水平、垂直基調のボディは“70”らしいシルエットを継承しており、インテリアではオフロード走行に配慮したレイアウトを取りつつ上質感のある素材を使用することでオーナーを満たす室内空間となっている。

またバックモニターやToyota Safety Senseを採用することで安全性能も進化している。価格は「AX」のみのモノグレードで480万円。月々45,760円(7年の最安パッケージ、追加オプションなし)のサブスクリプションサービス「KINTO」にも対応する。月販基準台数は400台で、トヨタ車体の吉原工場で生産される。

トヨタ ランドクルーザー“70”|Toyota Land Cruiser "70"

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(2月29日まで)
応募はこちら!(2月29日まで)