クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2023.10.20 公開日:2023.10.20

次期型「コペン」はFRで5ナンバーサイズ? 大注目のダイハツは5台のコンセプトカーを出展【ジャパンモビリティショー2023】

ダイハツは、10月28日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催される「ジャパンモビリティショー2023(旧東京モーターショー)」の出展モデルやブースの概要を発表した。

文=原アキラ

写真=ダイハツ

次期型コペンは軽じゃない!?

VISION COPEN(ビジョン コペン)

記事の画像ギャラリーを見る

ダイハツの出展テーマは、創業以来持ち続けてきた「お客様に寄り添い、暮らしを豊かにする」だ。環境にやさしく、サステナブルな存在である“小さなクルマ”を通じて、すべての人に豊かなモビリティライフを提供し続けていきたいという想いをブース全体で表現。ダイハツの歴史を象徴する車両と、その先にある未来を描いた5台のコンセプトカーを展示する予定だ。詳細を見ていこう。

VISION COPEN(ビジョン コペン)

VISION COPEN(ビジョン コペン)

ダイハツブースで最も注目されるのが「VISION COPEN(ビジョン コペン)だ。初代コペンを彷彿させる普遍的なスタイルを持つシルバーのボディーには、丸目のリング状ヘッドライトと6スポークの大径ホイールとタイヤを配していて、ルーフは電動開閉式の「アクティブトップ」を継承。

駆動方式を歴代コペンが採用していたFFからFRにレイアウト変更するとともに、CN(カーボンニュートラル)燃料の活用を見据えた排気量1.3L(自然吸気かターボかは未判明)の内燃機関との組み合わによる、新たな小型オープンスポーツの提案だ。

全長3,835mm、全幅1,695mm、全高1,265mm、ホイールベース2,415mmというコンパクトなボディと1.3Lエンジン、FRレイアウトによる走りはコペンのDNAである風とともに走る喜びを進化させており、研ぎ澄まされたデザインと運動性能によってオープンエアならではのドライブ体験が味わえると説明している。

軽規格を超えたサイズのボディと1.3Lエンジンを搭載したことで、日本国内のみならず海外向けに展開することが可能になるという、現実的な面を視野に入れたモデルであるともいえるのではないだろうか。

OSANPO(オサンポ)

OSANPO(オサンポ)

オープンエアの心地よさを散歩に出かけるような手軽さで楽しめ、日常にスローな価値を生み出す軽乗用BEV。電気自動車ならではの圧倒的な静粛性と少し高めの車高がもたらす開放感で、自然の中をお散歩気分で歩いていけるような、ゆったりとした楽しさを提案している。ボディサイズは全長3,395mm、全幅1,475mm、全高1,330mm、ホイールベース2,440mmとなっている。

me:MO(ミーモ)

Me:MO(ミーモ)

テーマは「クルマと人の関係の再定義」。車の作り方も楽しみ方もゼロから考えた新しいカタチを提案している。必要十分な機能で構築・モジュール化した内外装部品の構造により、意匠だけでなく車両形態の変更が可能となり、ライフステージや用途の変化に対応し、長く利用できるサステナブルなクルマとなっている。ボディサイズは、全長2,955mm、全幅1,475mm、全高1,590mm、ホイールベース1,985mmだ。

UNIFORM Truck(ユニフォーム トラック)

UNIFORM Cargo(ユニフォーム カーゴ)

UNIFORM Truck(ユニフォームトラック)
UNIFORM Cargo(ユニフォーム カーゴ)

「働く人々に実直に寄り添う、働くクルマの原点を極めた一台」とダイハツが謳う、シンプルで無駄のない形状が特徴の未来の軽商用車。移動店舗など活躍の場を広げるBEVならではの外部給電機能や、使いやすく清掃しやすいフラットで凹凸の少ないキャビンと室内、着脱可能な内外装パーツなどを採用している。ボディサイズは、トラックが全長3,395mm、全幅1,475mm、全高1,885mm、ホイールベース1,900mm。カーゴが全長3,395mm、全幅1,475mm、全高1,920mm、ホイールベース2,450mmとなっている。

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月30日まで)
応募はこちら!(6月30日まで)