クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

ライフスタイル最終更新日:2023.10.31 公開日:2023.10.16
PR: (株)JAFメディアワークス

松任谷正隆氏の最新エッセイ! 大人気連載『車のある風景』単行本発売中!

JAF(日本自動車連盟)機関誌「JAF Mate」にて大人気連載中の松任谷正隆氏のエッセイ、『車のある風景』の単行本が発売となった。未発表の新作も掲載された、ファン待望の1冊となっている。

文=KURU KURA編集部

軽妙な筆致で綴られる、「車」にまつわる珠玉のエッセイ

車のある風景/松任谷正隆著

記事の画像ギャラリーを見る

音楽プロデューサーで自動車愛好家でもある松任谷正隆氏によるエッセイ『車のある風景』が書籍化された。同エッセイはJAF(日本自動車連盟)の機関誌『JAF Mate』で2018年から続く長期の連載で、軽妙な筆致にはファンが多い。

書籍化にあたっては、著者だからこそ知る「あの名曲」に秘められた過去や「あの人」とのエピソードといった全連載作品に加え、『JAF Mate』では書けなかった「幻の問題作」、さらには松任谷氏が懐かしい愛車を語る特別付録「僕の自動車回顧録」などの書き下ろしと、連載を読破した方も新たに楽しめる全61話を収録。連載時の味わいあるカラーイラストや貴重な写真の数々も掲載されて、図版も充実している。

連載タイトルの通り「車」にまつわるエッセイではあるが、クルマ好きや音楽好きはもちろん、そうでなくとも気軽に面白く読めてちょっと人生の深さを味わえる、珠玉の1冊だ。

【掲載話】
初ドライブの話/揺れる橋/バンドライフ/中央フリーウェイ、本当の話/結婚式の日のこと/自動車電話の時代/パンツなクルマ/人生最後に乗るクルマ/クルマとトイレ/小林彰太郎さんの話/ロシアと僕/幸宏のこと/クルマ乗りの心得/老人ドライバー雑感/クルマは女性か男性か etc.

【特別付録】僕の自動車回顧録

 

INFOMATION
『車のある風景』
著者:松任谷正隆
定価:1,980 円(本体1,800 円+税)
判型:四六判
ページ数:288 頁
出版社:(株)JAF メディアワークス
全国書店、WEB 書店で発売中!

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月2日まで)
応募はこちら!(6月2日まで)