クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ2021.06.26

首都高がオリンピック中の料金に1000円上乗せ。対象条件が極めて複雑!

首都高速道路は、2021年7月19日から開催される東京オリンピック・パラリンピックの期間中、昼間は1000円の料金上乗せ、深夜は料金50%割引を実施する。上乗せについては、対象車種、対象エリアが極めて複雑なので、利用予定がある人は、予め調べておくとよいだろう。

この記事をシェア

記事の画像ギャラリーを見る

料金上乗せは、条件が極めて複雑!

首都高は、東京オリンピック・パラリンピックの期間中、昼間の料金上乗せと夜間の料金5割引を実施する。

© moonrise – stock.adobe.com

 首都高は、東京オリンピック(7月19日~8月9日)と東京パラリンピック(8月24日~9月5日)の期間中、昼間の利用料金上乗せと、夜間の割引を実施する。

 まずは、条件がシンプルな夜間の割引から説明しよう。対象時間は各日0時~4時と深夜の利用が対象で、基本料金が5割引になる。対象車はETC車のみで、車種の制限はない。対象エリアは首都高全線だ。

 昼間に上乗せされる利用料金は1000円で、対象時間は各日6時~22時。対象車はETC車の場合、自家用車(白ナンバー、黄色ナンバー)で、車種区分が二輪車、軽自動車、普通車で貨物車は除く。現金で支払う場合は、車種区分が二輪車、軽自動車、普通車のすべてが対象となる。ETCでも現金でも、中型車、大型車、特大車は、上乗せの対象にならない。

【料金上乗せの対象車種】
●対象車種

首都高料金上乗せの対象車種(ETC車)出典:首都高速道路株式会社

首都高料金上乗せの対象車種(現金車)

出典:首都高速道路株式会社

●対象外車種

首都高料金上乗せの対象外車種(ETC車)

首都高料金上乗せの対象外車種(ETC車・現金車)

出典:首都高速道路株式会社

 また、ETC車の障がい者・福祉関係車両については、事前申請をすることで料金上乗せの対象外となる。「有料道路における障がい者割引制度」の適用を受けている人は、手続きは不要。障がい者割引のみ適用され、料金上乗せはされない。申請期間は6月30日までで、郵便またはオンラインで申請することができる。オンライン申請の場合は、Webサイト「東京都オリンピック・パラリンピック準備局」から申請が可能だ。

 さらに、料金上乗せについては、対象エリアも細かく決まっている。ETC車は首都高都内全区域。埼玉大宮線、神奈川7号横浜北西線などは対象外となる。

 現金で支払う車は、基本的に首都高全線が対象だが、戸田~さいたま見沼区間、岸谷生麦~横浜青葉JCT区間など、一部区間から下り方向にて首都高に入る場合には対象外となる。

【料金上乗せの対象エリア】
●ETC車

首都高料金上乗せの対象エリア(ETC車)

出典:首都高速道路株式会社

●現金で支払う車

首都高料金上乗せの対象エリア(現金車)

出典:首都高速道路株式会社

 料金は、Webサイト「首都高ドライバーズサイト」の「料金・ルート案内」から確認できる。

首都高ドライバーズサイト「料金・ルート案内」URL:https://search.shutoko.jp/

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(2月29日まで)
応募はこちら!(2月29日まで)