クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

道路・交通最終更新日:2023.12.20 公開日:2022.11.16

ドライブレコーダー動画のヒヤリハットで運転上手に!第4回「一時停止して左右確認しましょうよ」

ドライブレコーダーが記録したヒヤリハット映像を紹介するシリーズです。第4回目となる今回は、無信号での交差点で、撮影している車が優先道路を走行しているにも関わらず、一時停止線もクラクションも気付かず車が直進してくる、というケースをご紹介します。私たちと一緒にヒヤリハット映像で危険な瞬間を疑似体験し、危険予知や運転スキルを高めましょう。

文=くるくら編集部

思わずハッとする、ヒヤリハット動画 その4

ヒヤリハットとは、あわや事故!とか、危なかった!という状況のことです。「くるくら」では、ドライブレコーダーに残された本物のヒヤリハット動画をご覧いただき、ヒヤリハットな瞬間を疑似体験してもらうことで、危険感度のアップにつなげていただきたいと考えています。体験を増やすことで危険予知の能力が向上し、必ずや事故防止に役立つはずです。今回も、当社が独自に収集したドライブレコーダー映像の中から、特に注目したい動画を紹介します。

※今回の動画再生時には音が出ます。突然大きな音になることもありますので、スピーカーの音量にはご注意ください。

2022年3月の投稿動画

タイトル:「一時停止して左右確認しましょうよ」
投稿者:ぶらばす さん
注目再生時間  0:10ころ

いっしょに確認してみましょう

 それでは今回の動画の状況を確認しましょう。ここは住宅地域でしょうか? 道路は一方通行で狭く、視界はよくありません。道路の両側には駐停車が禁止されている路側帯があります。歩行者が左側にいて、画面奥から手前に向かって、しっかりと路側帯の中を移動しています。

再生時間0:08ころ、歩行者とすれ違った直後です。前方に交差点を確認できます。撮影車目線で右折先に停止線があることもわかります。

再生時間0:09ころ、右側から車が現れました。向こうの車も走行中のようです。

同じく再生時間0:09ころ、白の乗用車は減速していますが、一時停止をしません。撮影車は自車の存在を知らせるためか、早めにクラクションを鳴らしています。これで白の乗用車も撮影車の存在に気付くのではないでしょうか。

再生時間0:10ころ、撮影車のクラクションは鳴動していますが、撮影車に気付く様子もなく、白の乗用車は直進し続けています。相手が減速していないことに気付いた撮影車はブレーキ制動をかけています。

白の乗用車が先に交差点の中央に達しそうな瞬間に、ようやく直進してくる撮影車に気が付きました。白の乗用車には助手席に同乗者がいました。

再生時間0:11ころ、双方が急制動をかけ、交差点のセンター付近で何とか衝突せずに停止しました。投稿者さんのコメントによると、フルブレーキで車内の荷物がふき飛んだそうです。本当にギリギリのところでした。

再生時間0:16ころ、その後は白の乗用車が後退し、撮影車はゆっくりと発進、動画は0:26で終わります。

まとめ

停止線、クラクション、車両の接近、交差点での優先道路の認識、そのいずれにも気が付かず、衝突事故が起こりそうな瞬間の映像でした。白の乗用車はよく見ると左側面にヘコミ傷が見られます。同乗者との会話に夢中だったのか、あるいは、そもそも周辺への警戒が不足しがちなドライバーなのかもしれません。

自分が正しい運転をしていても、それでも事故は起きる可能性があります。今回のようなケースで事故が起きた場合、原因の所在は明らかではありますが、そもそも事故を回避するためには、対峙するドライバー側にも予測能力と運転技術が問われます。これからも、くるくらではドライブレコーダーのヒヤリハット映像をお届けしますので、どうぞ疑似体験としてお役立てください!

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(4月30日まで)
応募はこちら!(4月30日まで)