クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

子供が喜ぶ絵本選びにはコツがある!? 【大人の絵本再入門2022】第1回

目からうろこの絵本の選びとは? 本好きの人たちの間で話題の絵本専門店「ブックハウスカフェ」の店長、茅野さんによれば、子供が喜ぶ絵本選びにはコツがあるという。その極意とはいったいどんなものなのか、お話を伺った。

文=高田ひかる

この記事をシェア

記事の画像ギャラリーを見る

子供が喜ぶ絵本選びのコツは?

もうすぐクリスマス。子供のプレゼントにしたいクルマや電車が登場するのりもの絵本を探しに、神保町で唯一の絵本専門店「ブックハウスカフェ」を訪れた。特集「大人の絵本再入門2022」の第1回は子供が喜ぶ絵本選びのコツについて、店長の茅野さんにお話を伺った。

「ブックハウスカフェ」。乗り物の絵本が並ぶようす。

絵本専門店「ブックハウスカフェ」。乗り物絵本のコーナーに並ぶ絵本。

──たくさんの絵本が並んでいますね。何を読もうか迷ってしまいそうです。選び方のコツはありますか?

いまは1万2000冊程の絵本が並んでいます。絵本には、正解も間違いもありません。けれど、もし絵本選びに迷ってしまったら、3冊選ぶことをおすすめします。

1冊目は「何でもいいので子供が読みたい絵本」を。2冊目は「大人が選んだ子供に読んでほしい絵本」を。そして3冊目は「第三者が選んだ絵本」を選んでみてはいかがでしょう。

第三者は、書店の店員さん。それもできれば専門店の店員さんがいいですね。たくさんの絵本を読んでいるプロなので、それぞれに違ったおすすめを教えてくれるはずです。

──なぜ、絵本は3冊選ぶといいのでしょう?

大人が読んでほしい絵本が、子供が好きな絵本とは限りませんから。大人の好きを押し付けるのではなく、一緒に選ぶことが大切です。3冊をそれぞれ違う視点から選ぶことで、彩りのある絵本選びができると思います。

──子供の好きなものがわからないとき、1冊目は何を手に取ったらいいですか?

ロングセラーの絵本でしょうか。個人的には、戦争を体験した世代が中心となって本を作っていた1960年~70年代くらいの本がお気に入り。心の底から子供たちのために本を作るという独特なエネルギーが強く、ていねいで真摯な物語性を感じます。

──豪華な装丁の絵本も並んでいるようですが、大人向けの絵本も置いているのでしょうか?

年齢に関係なくたくさんの方に絵本を読んでいただきたいので、大人向けや子供向けといったことは特に意識していません。

子供だからカラフルなものが好きだろうとか、子供にはこの絵本は難しいんじゃないかと、大人は勝手に思いますが、本当は子供だって落ち着いた色の絵本が好きかもしれません。ですから、「カラフルな絵本=子供は好き」という思い込みから離れてさまざまな絵本に触れてほしいですね。

懐かしい絵本を探して

「ブックハウスカフェ」入り口近くには乗り物の絵本が並ぶ。

「ブックハウスカフェ」の店内。

──絵本について、お客さんからはどんな質問がありますか?

オススメの絵本を聞かれることは多いですね。その他には「子供のときに読んだ絵本を探している」というのが多いです。

──子供のときに読んだ絵本を探す人が多い理由は?

小さい頃に読んだ本を処理するのは、なぜか本人でなく親御さんであることが多く、「うちの子はもう大きくなって絵本を読まないから」と勝手に譲ったり処分したりするようです。

 子供時代に夢中で読んだ本は、意外と心に残ることが多いので、私はよく可能な限り絵本は取っておいて、処分をするのは絵本を読んだお子さんが成人した後に本人に委ねてほしいと伝えています。

──思い出の絵本を探すのが難しい理由とは?

絵本だけではありませんが、本はある日突然、流通に乗らなくなり、入手困難になる運命と背中合わせです。年間何千冊もの新刊が発売されるいっぽうで、絶版になる絵本も数多くあります。「いつでも欲しい時に欲しい本が手に入る」というのは、思っている以上にずっと困難なことなんですよね。

これは私の話ですが、子供が小さい頃に読んでいた絵本には歯形が残っていることがあって、そういうのを見つけると歯形も落書きもアルバムのようで愛しく感じます。

大きくなった子供と一緒に絵本を見て「こんな絵本を読んでいたんだね」という話をするのも楽しいですよ。ですから、絵本はなるべくとっておくことをおすすめします。

絵本専門店「ブックハウスカフェ」。

「ブックハウスカフェ」の正面入り口。

 思いがけない絵本が、子供にとっては特別な思い入れのある1冊の場合もあるという。新しく絵本を選ぶのも、手放すのも、子供とよく相談することが大切なようだ。

次回の【大人の絵本再入門2022】第2回は、2022年のトレンド絵本について話を伺う。


「Book house Cafe(ブックハウスカフェ)」
こどもの本専門店&カフェ
東京都千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1階/「神保町駅」A1出口徒歩1分

【営業時間】
・書店:11時~18時
・カフェ:11時~17時30分(L.O.17時)(平日)、11時~18時(L.O.17時30分)(土日祝)
・バー:20時~23時(平日のみ)

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(2月29日まで)
応募はこちら!(2月29日まで)