クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ2022.09.23

海外で大人気!カワサキのオフロード四輪車がついに日本逆上陸。

カワサキモータースジャパンは、オフロード四輪車"TERYX"と"MULE"の2タイプ4モデルを日本国内のオフロード四輪取扱店で販売すると発表した。海外で高く評価されてきた四輪バギーが、いよいよ日本のアウトドアシーンに登場する。

文=原田磨由子
写真=カワサキモータースジャパン

この記事をシェア

記事の画像ギャラリーを見る

RUVの「テリックス」と、UVの「ミュール」

写真はカラーなど実際の販売モデルと仕様が異なります

※写真は、カラーなど実際の販売モデルと仕様が異なります。

 パワフルで耐久性に優れ、豊富なラインナップのカワサキのオフロード四輪車は、仕事からレジャーまで幅広い用途をカバーしており、海外では高く評価されてきた。今回、国内で発売されるのは、オフロードをパワフルに走破し、レクリエーションで威力を発揮するRUV(レクリエーション・ユーティリティ・ビークル)の「TERYX(テリックス)」2モデルと、農場や作業現場で活躍する実用性重視のUV(ユーティリティ・ビークル/多用途四輪車)の「MULE(ミュール)」2モデル。いずれも公道走行はできず、私有地のみ走行が可能となっている。

1. TERYX KRX 1000

写真はカラーなど実際の販売モデルと仕様が異なります

※写真は、カラーなど実際の販売モデルと仕様が異なります。

TERYX KRX 1000

 森の中や岩場などを走破するトレイルアドベンチャー「TERYX KRX 1000」。大自然での走破性を得るために、999cc水冷4ストローク並列2気筒 DOHC4バルブエンジンと、デュアルレンジCVTミッション+自動遠心クラッチの組み合わせを採用。低速域から高速域の全域で優れたコントロール性を実現している。

 ボディはロングタイプのサスペンションとカワサキが独自に設計した強靭なシャシーにより、高い走破性と優れた乗り心地を両立した。カラーは「ライムグリーンxメタリックオニキスブラック」で、メーカー希望小売価格は330万円。

(画像左)999cc水冷4ストローク並列2気筒エンジンはリア部に搭載。(画像右)スペアタイヤを収納できるリアキャリアは、耐荷重量は159kg。底面には荷物の固定に役立つカーゴフックを装備。

(画像左)999cc水冷4ストローク並列2気筒エンジンはリア部に搭載。(画像右)スペアタイヤを収納できるリアキャリアは、耐荷重量は159kg。底面には荷物の固定に役立つカーゴフックを装備。

(画像左)助手席には同乗者の安定性に貢献するTハンドルグリップを装備。</span><span>(画像右)視認性が高い大型のオールデジタルメーター。

(画像左)助手席には同乗者の安定性に貢献するTハンドルグリップを装備。(画像右)視認性が高い大型のオールデジタルメーター。

2. TERYX4 S LE

4人乗りのRUV「TERYX4 S LE」

 4人乗りのRUV「TERYX4 S LE」は、堅牢で軽量なダブルXフレームの採用により、4人乗りを実現しながら高いスポーツ性も獲得している。エンジンの搭載位置にこだわり、前後重量配分を48:52とし、スポーティなハンドリングを体感できる。

 幅広い車体やロングホイールベースやロングストロークサスペンションにより、快適性と安定性も確保している。カラーは「キャンディライムグリーン×スーパーブラック」で、メーカー希望小売価格 は291万5,000円。

(画像左)783cc水冷V型2気筒エンジンは車体中央付近に搭載。(画像右)長さ455mm×幅1,210mm×高さ220mmの荷台は燃料の携行缶やレジャー用品の積載に十分なスペースを確保。

(画像左)783cc水冷V型2気筒エンジンは車体中央付近に搭載。(画像右)長さ455mm×幅1,210mm×高さ220mmの荷台は燃料の携行缶やレジャー用品の積載に十分なスペースを確保。

(画像左)低速時や停車時に最大のアシスト量を発揮する電動パワーステアリング。(画像右)KRX 1000とは異なるマルチファンクション液晶スクリーン。

(画像左)低速時や停車時に最大のアシスト量を発揮する電動パワーステアリング。(画像右)KRX 1000とは異なるマルチファンクション液晶スクリーン。

次のページでは、
MULEシリーズ2モデルを紹介

3. MULE PRO-FX EPS

MULE PRO-FX EPS

MULE PRO-FX EPS

 30余年もの間、北米をはじめ世界中の現場で鍛えられた実績を持つMULEは、オフロードスポーツ向けのTERYXと異なり、実用性を追求している。この「MULE PRO-FX EPS」は3人乗りの1列シートにすることで荷台面積を大きく確保し、運搬機能を最大限まで高めている。また、軽トラックよりもひと回りコンパクトな車体ながら453kgの最大積載量(軽トラックの最大積載量は350kg)と、907kgの牽引能力を実現。

 ロングホイールベースの車体にダブルウィッシュボーンの足まわりを組み合わせることで、高い走行性能と優れた乗り心地を実現。CVT無段変速、セレクティブ4WD、電動パワーステアリングといった機能により、高いコントロール性も備えている。カラーは「ティンバーライングリーン」で、メーカー希望小売価格は220万円。

(画像左)812cc水冷4ストローク並列3気筒エンジンからは、極低速域でも安定したパワーを発揮。(画像右)荷台の傾斜はガスアシスト式で、ゲートの開閉も操作が可能。

(画像左)812cc水冷4ストローク並列3気筒エンジンからは、極低速域でも安定したパワーを発揮。(画像右)荷台の傾斜はガスアシスト式で、ゲートの開閉も操作が可能。

(画像左)ステアリングホールは約40度の無段階調整が可能。</span><span>(画像右)ダッシュボード周りは各種スイッチを機能的に配置。

(画像左)ステアリングホールは約40度の無段階調整が可能。(画像右)ダッシュボード周りは各種スイッチを機能的に配置。

4. MULE PRO-FXT EPS

MULE PRO-FXT EPS

 「MULE PRO-FXT EPS」はフロントに3人、リアにも3人が座れるスペースを確保しているMULEのフラッグシップモデル。農場や牧場などで重視される低速回転域でのパワフルな走りと不整地での走破性、耐久性を追求している。

 後列シートを格納して荷台の広さを変えることができる、カワサキ独自の「イージートランスキャブシステム」を採用。利用者に高い利便性を提供する。カラーは「ティンバーライングリーン」でメーカー希望小売価格は253万円。

(画像右)「イージートランスキャブシステム」により、リアシートを格納して面積をより広く確保した荷台。

(画像右)「イージートランスキャブシステム」により、リアシートを格納して面積をより広く確保した荷台。

>(画像左)さまざまなアクセサリーに対応できる、2インチの牽引ヒッチレシーバー。(画像右)悪路の走破性に貢献してくれる26インチの大型ラジアルタイヤ。

(画像左)さまざまなアクセサリーに対応できる、2インチの牽引ヒッチレシーバー。(画像右)悪路の走破性に貢献してくれる26インチの大型ラジアルタイヤ。

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(2月29日まで)
応募はこちら!(2月29日まで)