クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ2022.05.18

ホンダ、東京都心部での自動運転サービスを20年代半ばに展開へ。タクシー会社2社と基本合意を締結。

東京都心部での自動運転モビリティサービスを2020年代半ばから展開することを目指しているホンダ。去る4月、その事業運営を担うホンダモビリティソリューションズ(HMS)が、タクシー会社2社と基本合意を締結した。気になるその内容とは?

文=谷中朋未

この記事をシェア

記事の画像ギャラリーを見る

将来の日本でのクルーズ・オリジン導入イメージ。

GMクルーズホールディングスLLC、ゼネラルモーターズ、そしてホンダの3社が共同開発する自動運転モビリティサービス事業専用車両「クルーズ・オリジン」。

20年代半ばにホンダの自動運転バスが都心に登場!?

 ホンダの日本におけるモビリティサービス事業の運営子会社、ホンダモビリティソリューションズ(HMS)は、4月21日、東京都心部で2020年代半ばからの自動運転モビリティサービスの提供実現に向け、ハイヤーやタクシーなどの交通事業を手掛ける帝都自動車交通ならびに国際自動車と基本合意書を締結した。

 ホンダはすでに、GMクルーズホールディングスLLCや、ゼネラルモーターズととも自動運転モビリティサービス事業専用車両「クルーズ・オリジン」(いわゆる自動運転バス)を共同開発中で研究を続けている。今回の締結は、自動運転モビリティサービスの提供開始に向けた、関連法令やサービス設計、事業者間の役割・責任分担などの在り方についての検討が主な内容となっており、実際の運用に長けた2社とパートナーを結ぶこととなった。

 ホンダならびにHMSは、今後も交通事業者や自治体などと連携を強化して、自動運転技術の実証実験などを実施していく予定だという。

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(2月29日まで)
応募はこちら!(2月29日まで)