クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2020.12.16 公開日:2020.12.16

新東名6車線化で時速120kmに。御殿場JCT~浜松いなさJCTが全線開通。

NEXCO中日本は、E1A 新東名高速・御殿場JCT~浜松いなさJCT(約145km)における6車線化工事が完了し、12月22日(火)14時に開通することを発表した。同区間では、これにあわせて最高速度規制が時速120kmに引き上げられる。

記事の画像ギャラリーを見る

新東名6車線化で時速120kmが運用開始

新東名|6車線化|時速120㎞|御殿場JCT~浜松いなさJCT|工事|12月現在の新東名高速の様子

新東名高速道路の6車線化区間。 出典:NEXCO中日本

 NEXCO中日本は、E1A 新東名高速・長泉沼津IC~新静岡IC(上)の約53kmと、藤枝岡部IC~島田金谷IC(上下)の約15kmにおける6車線(片側3車線)化工事が12月22日(火)14時に完成すると発表した。これにより、E1A 新東名高速・御殿場JCT~浜松いなさJCT(上下)の約145kmが全線6車線として供用される。

新東名|6車線化|時速120㎞|御殿場JCT~浜松いなさJCT|新東名6車線区間の全体図

新東名高速の6車線化区間。今回完成するのは赤色の矢印で示した区間。 出典:NEXCO中日本

【完成区間:12月22日】
・E1A 新東名高速・長泉沼津IC~新静岡IC(上) 約53km
・E1A 新東名高速・藤枝岡部IC~島田金谷IC(上下) 約15km

 今回6車線化される御殿場JCT~浜松いなさJCT(上下)は、建設当時から6車線に対応するように設計されていたが、2003年の第1回国土開発幹線自動車道建設会議において、建設費縮減のために暫定的に4車線として開通。一部付加車線として6車線区間がある他は4車線で供用されていた。その後、2019年4月から6車線化工事がスタートした。

新東名|6車線化|時速120㎞|御殿場JCT~浜松いなさJCT|新東名高速開通後の渋滞損失時間の推移

新東名高速開通後の渋滞損失時間推移。 出典:NEXCO中日本

 NEXCO中日本によると、この区間を6車線化することで、E1 東名高速とのダブルネットワークが強化され、これまで発生していた交通集中による渋滞が大きく減少。E1A 新東名高速が開通する前(2011年)まで、E1 東名高速・御殿場JCT~豊田JCTにおいて176万台・時間もあった渋滞損失時間は、ほぼ無くなる試算だという。

新東名|6車線化|時速120㎞|御殿場JCT~浜松いなさJCT|大型車と一般車の混在が緩和される

走行車線が増えるため、大型車と一般車の混在が少なくなる。 出典:国土交通省

 また、次世代の物流システムとして注目されている「ダブル連結トラック」や「トラック隊列走行」を実現する上で課題となっていた、大型車と一般車の混在による事故を減少させる効果もあるという。

最高速度制限が時速120kmに! 

新東名|6車線化|時速120㎞|御殿場JCT~浜松いなさJCT|静岡県警のリーフレットより引用

新東名・御殿場JCT~浜松いなさJCT(上下)において最高速度規制が時速120kmに引き上げられる。 出典:静岡県警のリーフレットから抜粋

 静岡県警は、E1A 新東名・御殿場JCT~浜松いなさJCT(上下)の全線6車線化に合わせて、同区間における最高速度規制を時速120kmとして本格運用すると発表した。

 静岡県警は2019年3月から、E1A 新東名・新静岡IC~森掛川IC(上下)において最高速度規制を時速120kmとする試行運用を実施してきた。静岡県警交通規制課によると、時速120km試行開始後の1年間では死亡事故の発生はなく、人身事故の発生件数も横ばいだったという。このことから、6車線化して開通する全区間においても最高速度制限を時速120kmに引き上げても問題ないと判断。本格運用に向けて標識や看板の整備、安全対策などを進めるという。

大型トラックは時速80kmのまま

新東名|6車線化|時速120㎞|御殿場JCT~浜松いなさJCT|大型貨物自動車の最高速度は時速80㎞のまま

大型貨物自動車等の最高速度は時速8kmのまま。 出典:NEXCO中日本

 最高速度規制が時速120kmに引き上げられる車両は大・中型乗用自動車や中型貨物自動車、準中型自動車、普通自動車、125㏄超の自動二輪車である。大型トラックやトレーラーなど、大型貨物自動車の最高速度は時速80kmまま据え置かれるので注意が必要だ。

 静岡県警は、規制速度や車両性能などにより、速度差のある車両が混在して走行するため、十分な車間距離を保ち、進路変更の際の安全確認をしっかりと行うこと。最高速度が引き上げられても、時速120kmで走行する必要はないため、交通状況に応じた安全な速度で走行することを呼びかけている。 

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月2日まで)
応募はこちら!(6月2日まで)