クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ2018.10.15

100種類以上のワインが楽しめる!岐阜ワインフェスタ開催。

この記事をシェア

181003-20-1.jpg

会場は駅直結で屋根があるので、雨天も安心。

 岐阜ワインフェスタ実行委員会は、厳選したワインと岐阜のうまいものが集結するイベント「岐阜ワインフェスタ2018」をJR岐阜駅前(岐阜県岐阜市)で10月21日に開催する。

「岐阜ワインフェスタ」とは

181003-20-2.jpg

「岐阜ワインフェスタ2018」開催ポスター。

 今年で5回目となる「岐阜ワインフェスタ」は例年、来場者2000人を超える大人気イベント。岐阜県のワインファンの増加、地元の飲食店と消費者を繋げるきっかけとなることを目的として開催されている。岐阜県の酒屋が実際に試飲し、厳選した世界のワイン100種類以上と地元の飲食店19店の自慢の料理を楽しむことができる。

 また、岐阜大学の軽音楽部「New Stars Jazz Orchestra」総勢32人による、ビッグバンドジャズの演奏も予定されていて、ジャズを聴きながら、野外でワインを楽しむことができる。

岐阜のワイナリーのワインとジビエ料理

 今回出品されるワインと食事のおすすめを紹介する。

181003-20-3.jpg

ズラッとならんだワインは圧巻。100種類以上取り揃えているので、これでもほんの一部。

・長良天然ワイン醸造「天然葡萄酒NAGARA 赤」
 長良川沿いにある岐阜県のワイナリー「長良天然ワイン醸造」の定番ワイン。天保年間に建てられた蔵に住み着く天然酵母菌により葡萄果汁を発酵させ、ワインを醸造している。 酸化防止剤や添加物を使用しない自然派ワインで、柔らかな口当たりと、ほのかな甘みを感じるすっきりとした味わい。

・ホドルスクリーク「エステート シャルドネ2016」
 岐阜県唯一のワイン輸入元「KPオーチャード」が厳選したオーストラリアワイン。熟した白桃、ネクタリンの香りと、程よく上品な樽の香り。造り手フランコさんは、以前特別ゲストとして参加したことがあるそう。

・ブラックスミス 「ベアボーン サンソー2017」
 別のワイナリーで働きながら、2014年に趣味的に作り始めたワイナリー「ブラックスミス」のドラム缶で醸造したクレイジーなワイン!
上品な味わいが世界中のワイン業者から人気となり、取り合いになるほどで、
ロンドン、ニューヨーク、そして日本でしか購入できない希少なワイン。

181003-20-4.jpg

イノシシやシカの肉を使用したフランクなどを販売。

・里山きさら「岐阜ジビエを使ったシャルキュトリー」
 岐阜県は山に囲まれているため、シカやイノシシ、クマなどのジビエを使った料理が古くから親しまれている。そんな地元で捕れたイノシシやシカの肉を使用したフランクは、赤ワインとの相性抜群。

・かき小屋 百蔵「蒸しがき」
 北海道産のブランドかき 仙鳳趾(せんぽうし)の蒸しがき。パクパクとつまんで食べられるようにグラム売りをする予定だという。

1810003-20-12.jpg

大きなパエリア釜はインパクトあり。

・バル・バロッサ「大釜で炊き上げる本格パエリア」
 毎年人気の本格パエリアは、日本パエリア協会理事が大釜を使って炊き上げる。新鮮な魚介のダシがしみ込んだパエリアは、もちろんワインとの相性抜群。

 ワインや食事の購入はコイン制(コイン1枚300円:5枚から販売)で、別途専用のワイングラス(300円)も購入する必要がある。チケットぴあにて販売中の前売り引換券は、コイン10枚とワイングラス付きで3,000円なので、実質300円お得である。

ワイン愛好家のためのVIPコーナーも設置

181003-20-11.jpg

VIPコーナーの様子。高級ワインを来場者でシェアしてリーズナブルに楽しめる。

 さらにワイン愛好家向けの特設のVIPコーナーも設置されるという。VIPコーナーとは、ワイン愛好家向けのブースで、1本数万円~10万円程の高級ワインや50年以上熟成したビンテージワイン、1.5リットルもある大きなボトルなど普段なかなか飲むことのできないワインを取り揃えているブース。VIPブース来場者で割り勘にすることで、高級ワインなどもリーズナブルに楽しむことができる。

 イベント運営経験のない岐阜県の酒屋の主人たちが集まって企画したので、最初は失敗の連続だったという。開催当初は勝手がわからず、想定以上の来場者に食事の売り切れが続出し、ワインも注文するまでに15分以上の列ができていた。回を重ねるごとに、マニュアルの改正や開催場所の移転などをし、現在では以前とは比べ物にならないほどスムーズな運営ができるようになったそうだ。

 同フェスタ広報は、「コアな愛好家のみならず、ワインや食に興味のある日本中の人がこのイベントをきっかけに岐阜に足を運び、岐阜の魅力を知ってもらいたい。岐阜各地にある飲食店やワイナリーに訪れていただくことで観光、飲食業を活性化し、”ワイン&食と言えば岐阜”として広く認知されれば嬉しい」とコメント。公式サイトやFacebookでも、協力店を一つ一つ紹介し、岐阜の飲食店を盛り上げようと取り組んでいる。 

 青空の下、岐阜のワインと食材を味わうことで開放的な気分で楽しめるイベント。そのまま足をのばして岐阜の温泉で一息つくのもいい。食欲の秋のお出かけにいかがだろうか。

開催概要

日時:2018年10月21日(日) 10時~16時
会場:JR岐阜駅北口
料金:入場無料(定員2500名、飲食の購入はコイン制)
   前売り引換券 ワイングラス付き3,000円(コイン10枚+ワイングラス)
   当日引換券 3,000円(コイン10枚) グラス別途300円
   追加コイン 1,500円(コイン5枚)

関連リンク

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(2月29日まで)
応募はこちら!(2月29日まで)