クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ2018.09.19

【エレカシ、スガシカオ、きゃりーぱみゅぱみゅ等】75,000人が熱狂したSPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER をレポート!

日本最大の音楽番組専門チャンネル「スペースシャワーTV」が主催する野外音楽フェスティバル「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018」(通称:ラブシャ)が、8月31日から9月2日にかけて山中湖交流プラザ きらら(山梨県)で開催された。

この記事をシェア

180914-21-TOP.jpg

「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018」を締めくくる最後の曲では銀テープが放たれた。Photo by 上山陽介。

 スペースシャワーTVならではの幅広いアーティストラインナップで、若者からファミリー層までを盛り上げ、今年は過去最高となる7万5000人を動員し幕を閉じた。今回は、筆者が実際に参加した「SWEET LOVE SHOWER 2018」3日目に出演したアーティストのライブ模様をレポートする。

きゃりーぱみゅぱみゅが真っ赤な衣装で登場

180914-21-1.jpg

ダンサーと一緒にキレキレなダンスを披露する「きゃりーぱみゅぱみゅ」。Photo by 上山陽介。

 若者に絶大な人気を誇る「きゃりーぱみゅぱみゅ」は、真っ赤な衣装に身を包み、手を振りながら登場。「原宿いやほい」でライブをスタート。

 「いくよ! 山中湖ー!」と観客に呼びかけアッパーなクラブサウンドで会場を盛り上げた。2曲目の「にんじゃりばんばん」では、ダンサー4人とのキレキレのダンスを披露。MCでは、「こんにちは、きゃりーぱみゅぱみゅです。雨降らなくて良かったね! あれ? 降ってるんだ。微粒子?」と雨に気付かないというとぼけた一面をみせた。合間には男性ファンからの「きゃりー!」という雄叫びが響く。

180914-21-2.jpg

真っ赤な衣装に身を包んだ「きゃりーぱみゅぱみゅ」。Photo by 上山陽介

 ラストソングは大人気曲の「つけまつける」。ファンにはお馴染みの振り付けで会場を一つにした。

スガシカオがファンキーなライブで盛り上げる

180914-21-3.jpg

「スガシカオ」は「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018」初出演。Photo by 岸田哲平。

 片手を高く挙げながら登場したスガシカオは「それじゃいこうかラブシャー!」とグルーヴィーなファンクナンバー「赤い実」でライブをスタート。軽快なリズムで会場を盛り上げる。

 「平成最後のギリギリの夏へ、俺が作ったギリギリソングをを贈るぜ!」とアカペラで歌い出したのは、自身が作詞を務めKAT-TUNに提供した楽曲「Real Face」。「ギリギリでいつも生きていたいから~」というサビの部分では観客から大合唱が巻き起こった。

180914-21-4.jpg

ハスキーな歌声とファンキーな楽曲で魅了した「スガシカオ」。Photo by 岸田哲平

 ラストソング「コノユビトマレ」では観客の手を左右大きく振らせたスガは、「最高でした! ありがとうー!」と叫んでステージを後にした。

圧巻のパフォーマンスを見せたKICK THE CAN CREW

180914-21-5.jpg

前日に武道館ライブを終えたばかりの「KICK THE CAN CREW」。Photo by 上山陽介。

 DJが1曲目の「千%」をかけると会場は一気にヒートアップ。KICK THE CAN CREWのKREVA、LITTLE、MCUの3人が代わる代わるラップを披露し、サビのユニゾンで畳みかける圧巻のパフォーマンス。10年も活動を休止していたグループとは思えないほどの勢いで、熱狂の渦を生み出した。それぞれのソロ活動で磨かれたスキルがKICK THE CAN CREWをさらに強靭なグループにしたのだろう。

180914-21-6.jpg

観客も左右に大きく手を振って盛り上がる。Photo by 上山陽介

 4曲目の「マルシェ」では、コールアンドレスポンスで会場に一体感を生み出した。ラストソングは不安定な心情を歌う「アンバランス」。切ないサビはもう少しで終わる夏の切なさを物語っているようだった。

大トリはエレファントカシマシが熱演

180914-21-7.jpg

圧巻のステージをみせた「エレファントカシマシ」。Photo by 岸田哲平。

 ラブシャ3日間の大トリは、今年30周年を迎えたエレファントカシマシ。ボーカルの宮本浩次の4カウントから1曲目の「Easy Go」をスタートした。黒いジャケット姿にネクタイを締めた宮本が声を張り上げて歌い、ステージを縦横無尽に駆けめぐる。「悲しみの果て」、「俺たちの明日」とたて続けにヒットナンバーを演奏。宮本はジャケットを脱ぎ、ネクタイも外して激しく頭をふり、感情を爆発させる。

180914-21-8.jpg

イスの上に乗って手を上げ観客を煽る「エレファントカシマシ」のボーカル宮本。Photo by 岸田哲平。

 アコースティックギターを手にした宮本が「最後の曲です。まだ一曲あるんだけど」とアンコールを匂わせながら、歌い出したのは名曲「今宵の月のように」。力強い歌声が会場に響き渡った。アンコールでは、1stアルバム収録の「ファイティングマン」を披露してフィナーレ。

 疲れも吹き飛ぶパワフルなステージと、「素晴らしい日々を胸にドーンと行こうぜ! 明日からもよ」というポジティブなメッセージで日々を頑張るための活力を与えてくれた。

音楽関連記事

音楽だけじゃない楽しみ方を発見!子どもだって大満足の音楽フェスに参加してみた。

ファミリーで行く!子連れフェスで押さえておきたい6つのポイント!

【ドライブミュージック】来日間近!音楽界のレジェンド「ボブ・ディラン」

【ドライブミュージック】奥田民生がD.I.Yでレコーディング!録音の様子が面白すぎる!

「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018」TV放送予定

 「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018」の模様は3 週連続でスペースシャワーTVで放送される。

「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018 Day1/Day2/Day3」【Day1】(8/31収録):9/29(土)21:00~24:00 他 放送
【Day2】(9/1収録):10/6(土)21:00~24:00 他 放送
【Day3】(9/2収録):10/13(土)21:00~24:00 他 放送

 ※放送アーティストは未定。
 ※スペースシャワーTVは全国のケーブルテレビ、スカパー! 等で放送さ
  れている日本最大の音楽専門チャンネル。

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(2月29日まで)
応募はこちら!(2月29日まで)