クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2018.08.24 公開日:2018.08.24

【ドライブミュージック】奥田民生がD.I.Yでレコーディング!録音の様子が面白すぎる!

奥田民生が9月26日にリリースするニューアルバム「カンタンカンタビレ」のレコーディング風景が面白いと話題になっている。いったいどこが面白いのか解説しよう。

奥田民生のニュープロジェクトが面白い!!

180816-21-1.jpg

2018年9月26日に発売されるアルバム「カンタンカンタビレ」。©ラーメンカレーミュージックレコード

 奥田民生は9月26日、ニューアルバム「カンタンカンタビレ」をCD、アナログ盤、カセットテープの3形態で発売する。
 
 このアルバムのタイトルになっている「カンタンカンタビレ」は2017年秋に始まったニュープロジェクト。奥田がさまざまなアーティストに提供してきた楽曲をメインにセルフカバーし、レコーディングする模様を、奥田主宰の音楽レーベル「ラーメンカレーミュージックレコード」のYouTube公式チャンネルにて配信している。そのレコーディング模様が面白すぎると話題になっている。

奥田民生とは

180816-21-2.jpg

白いボディーのGibson ES-330を手にする奥田民生。©ラーメンカレーミュージックレコード

 奥田民生は、1987年に「ユニコーン」のボーカリストとしてメジャーデビューしたミュージシャン。1994年にシングル「愛のために」でソロ活動を本格的にスタートさせ、「イージュー★ライダー」、「さすらい」などヒットを飛ばした。また、井上陽水とのコラボレーションやPUFFY、木村カエラをプロデュースするなど、その才能はとどまるところを知らない。

 世界的なミュージシャンであるスティーヴ・ジョーダンらと「The Verbs」、近年は岸田繁(くるり)、伊藤大地と結成したスリーピースバンド「サンフジンズ」としても活動している。

D.I.Yレコーディングとは?通常となにが違う

 「カンタンカンタビレ」第1弾の映像では、アナログレコーディング最盛期に大活躍した名機で、現在は入手困難というアナログ1/2インチテープを使用する8トラックオープンリールテープレコーダー「TEAC 33-8」やアナログミキサー「TASCAM M-208」などの機材を紹介し、これらを使用してD.I.Yでレコーディングしていくことを語っている。
 
 近年のレコーディングでは、コンピューターに録音されることがほとんどで、アナログテープでの録音は珍しい。その上、通常はテレビやミュージックビデオで目にするような、防音された専用のスタジオを使用して行うが、このプロジェクトでは、一般住宅のような環境で作業することを基本としている。全ての楽器を奥田一人で演奏するのも特徴的だ。

→ 次ページ:
奥田民生が感電!その決定的瞬間!

試行錯誤の連続!奥田が感電する場面も!

 奥田は、一般住宅のような環境でレコーディングするために、試行錯誤しながら作業していて、その方法がいちいち面白い。

 【謎ドラム実験の巻】では、ファーストフードのハンバーガーケースやお弁当のスープ入れ、傘袋、厚紙とタオルなど身近な材料を、まるで工作のように駆使してドラムサウンドを作り上げている。一見するととてもシュールだが、そのサウンドを聴くとしっかりとサマになっている。

 【#10-2:エフェクターで感電の巻】では、ギターレコーディングの際に使用するエフェクター(音を変化させる機材)を説明している途中で、奥田が感電する模様が収められているのも面白い。「あ゛ー!!」と叫ぶ姿は必見だ。
 
 その他にも、ボーカルレコーディングで大きな声が漏れないように布団をかぶったり、木片を打ち鳴らしたりと面白い方法が続々と登場する。

→ 次ページ:
有名ミュージシャンも登場!あの曲の方言バージョン!

ドライブにおすすめ!あの曲の方言バージョンも!

 奥田が過去に、ギタリストであるCharに提供した楽曲「トキオドライブ」を題材に、ゲストの出身地の方言でボーカルレコーディングするバージョンも配信されている。

 浜崎貴司(栃木県・FLYING KIDS)、YO-KING(東京都北区・真心ブラザーズ)、トータス松本(兵庫県・ウルフルズ)、吉井和哉(静岡県・THE YELLOW MONKEY)と豪華なゲストを迎え、その完成版はダウンロード販売されている。

 トータス松本を迎えた「カンタンカンタビレ~ハリマドライブ編~」では、トータス松本の出身地兵庫県の播州弁で歌う模様を見ることができる。軽快なテンポのロックで、明るく楽しいドライブにおすすめしたい楽曲だ。

 基本的には、ギター、ベース、ボーカル、コーラスなどのレコーディング行程を、奥田がわかりやすく解説しながら作業を進めているので、機材や楽器の知識が無くても十分に楽しめる。また、音楽マニアやバンド経験者にとってはマニアックな機材が登場したり、レコーディング豆知識を詳しく紹介してくれたりと勉強になることばかりだ。

 そんな「カンタンカンタビレ」のアルバムに収録される音源は、配信中の音源を再度ミックスし、さらにアメリカの巨匠エンジニア「グレッグ・カルビ(スターリングサウンド)」によるマスタリング(音質の最終調整作業)を経てアルバムバージョンとして仕上げたものだそう。完成版はいったいどうなるのか、9月26日の発売まで動画を見ながら楽しみにして欲しい。

奥田民生「カンタンカンタビレ」収録曲

01. トキオドライブ(アルバムバージョン)
02. 俺の車(アルバムバージョン)
03. モグラライク(アルバムバージョン)
04. 悪い月(アルバムバージョン)
05. フィルモア最初の日(アルバムバージョン)
06. プールにて(アルバムバージョン)
07. BEAT(アルバムバージョン)
08. 嵐の海(アルバムバージョン)
09. SUNNYで!(アルバムバージョン)
10. スロウサーフィン(アルバムバージョン)
11. R.G.W.(アルバムバージョン)

CD

奥田民生
『カンタンカンタビレ』(CD)

2018年9月26日(水)発売
価格:3240円(税込)
RCMR-0008
※紙ジャケット仕様
※「ヘロさんのぬりえ」入り

LP

奥田民生
『カンタンカンタビレ』完全生産限定盤(LP)

2018年9月26日(水)発売
価格:3780円(税込)
RCMR-4003
※「ヘロさんのぬりえ」入り
※プレイパス付

カセット

奥田民生
『カンタンカンタビレ』完全生産限定盤(カセットテープ)

2018年9月26日(水)発売
価格:3780円(税込)
RCMR-4004
※プレイパス付

音楽に関する記事

音楽だけじゃない楽しみ方を発見!子どもだって大満足の音楽フェスに参加してみた。

ファミリーで行く!子連れフェスで押さえておきたい6つのポイント!

【エレカシ、スガシカオ、きゃりーぱみゅぱみゅ等】75,000人が熱狂した音楽フェスをレポート!

【ドライブミュージック】来日間近!音楽界のレジェンド「ボブ・ディラン」

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月30日まで)
応募はこちら!(6月30日まで)