クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2018.08.01 公開日:2018.08.01

首都圏でクルマに出会えるショールーム

 カンカン照りの日々が続いて、夏真っ盛りの今日この頃。「夏休みはどこに出かけようか」と頭を悩ませているパパ・ママも多いのでは? というわけで「首都圏近郊でお金をかけず、非日常体験ができる場所」として提案したいのが、無料でクルマにふれて楽しめる大型ショールーム。今回は首都圏から電車などで手軽に行くことができるショールームを3つほど紹介する。

横浜駅から直結!「日産グローバル本社ギャラリー」

180730_SR3.jpg

広い窓からの太陽の光が差し込みとても開放的なショールーム。

 横浜駅東口に隣接し、駅直結でアクセスできるのが「日産グローバル本社ギャラリー」。ここはその名前の通り、日産本社ビルの1フロアに常設された日産グループのショールームだ。

180730_SR2.jpg

横浜駅から渡り廊下で直結という好アクセスが最大の魅力。

 ここには日産の主力車種が一堂に展示されており、ステージ上に展示されているもの以外は、実際にシートに座ることも可能。また、レースで培ったノウハウと技術でチューンナップした「NISMO仕様」のクルマも展示されており、市販車との違いを楽しむこともできる。

180730_SR4.jpg

「NISMO仕様」にワークスチューンされたクルマたちも間近で楽しめる。

 夏休み期間となる7月28日(火)~8月29日(日)までは、子ども向けのイベントも盛りだくさん。「まなぶ・あそぶ・NISSAN」をテーマとした、クルマの仕組みについて学習するイベントや、英会話スクール、ミス・フェアレディのお仕事体験など、ファミリー向けの催しが予定されている。

 もちろん、通常のショールーム同様、クルマの試乗も可能。事前にスケジュールを組み合わせておけば、子どもがイベントに参加している間に、GT-Rやリーフなど話題のクルマに乗ることもできそうだ。

→ 次ページ:
イベント目白押し!お台場の大観覧車の真下にあるスポットとは?

明るくて開放的!自動車テーマパーク「MEGA WEB」

180730_SR5.jpg

「MEGA WEB」はお台場・パレットタウン大観覧車が目印!

 さまざまな観光スポットがひしめきあうお台場で、大観覧車の敷地内でトヨタ自動車が手がけるショールームが「MEGA WEB(メガウェブ)」。ここはクルマのショールームでありつつも、旧来のショールームにありがちな敷居の高さはほとんどなく、明るく開放的な雰囲気となっている。敷地内を縫うように設置された試乗コースや、子供から大人まで乗ることができる常設のカートコースもあり、さながらクルマのテーマパークといった装いだ。

180730_SR6.jpg

普段からさまざまなイベントが開催されていることもあり、休みの日ともなれば、多くの家族連れで賑わう。

 新車のラインナップはもちろん、ファミリーカーからトヨタが手掛ける本格スポーツブランド「GR」のチューニングカーまで、幅広く展示されている。また、MEGA WEBにはクラシックカーが展示されている施設「ヒストリーガレージ」が併設されており、貴重な旧車を目の当たりにできるのも大きな魅力となっている。

180730_SR7.jpg

GRゾーンのエリアには、他ではなかなかお目にかかれないレーシングカーが展示されている。

 この夏、他にもファミリー向けの催しが多数予定されている。なかでも8月26日(日)の「東京トヨペットpresentsママハピEXPO2018」は自動車整備士の体験コーナーや「JAF隊員と学べるクルマの点検方法」などが催されるので、クルマ好き親子ならぜひ足を運んでいただきたい。

→ 次ページ:
こちらもお台場。クルマ好き必見の隠れ家的スポット?

日本最大級の広さ!「BMW GROUP TOKYO BAY」

180730_SR8.jpg

白と黒のツートンカラーで塗り分けられた巨大な建物が特徴の「BMW GROUP TOKYO BAY」

 お台場にはもうひとつ、BMWグループが手がけるショールームがある。こちらは敷地面積約2万7000平方メートルと、BMWグループでは国内でも類を見ない大型施設。展示ラインナップはBMWと、同じグループのMINI。それぞれが別のブースに分けられて展開されている。

 BMWショールームでは、ハイブリッドスーパーカーであるi8を含む、現行車種約28台が展示されている。ラグジュアリーな世界観を全面に押し出した雰囲気も魅力だ。また、これまで紹介してきたショールームとは違い、展示スペースのすぐそばに商談スペースがあるなど、従来型のショールームに近い展示スタイルとなっている。

180730_SR9.jpg

整然と並べられたBMWたちは圧巻!

 一方、MINIのショールームは、BMWとは異なりスポーティなイメージの展示が印象的。展示台数は多くはないが、スタイリッシュなMINIの魅力を感じるには十分なラインナップだ。 180730_SR10.jpg

黒を基調としたスタイリッシュな雰囲気のMINIブース。

 ご覧のように「BMW GROUP TOKYO BAY」は、BMWとMINIの魅力を肌で感じることができる施設であり、ドイツの名門ブランドとしてのラグジュアリーさや世界観が内外装にいたるまで表現されている。とはいえ、ミニカーなどで遊べるキッズスペースも常設されているので、お子様連れでも気軽に足を運んでほしいとのこと。さらに、BMW Cruise Bikeの試乗レンタルもあり、お台場周辺のサイクリングまで楽しむことができる。

 パパとママは最新のクルマを満喫し、子どももキッズイベントを楽しめれば、それだけで立派な一大イベントになるはず。しかも、これらが全て無料となれば、家計も大助かりになること間違いなし。このところ、夏本番で強烈な暑さが続いているが、涼しい大型ショールームで、日常を離れてどっぷりクルマに浸かる1日を過ごしてみてはいかがだろうか。

外部リンク

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月2日まで)
応募はこちら!(6月2日まで)