クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2018.01.25 公開日:2018.01.25

【TAS18・コンパニオン】トヨタvsホンダ2強対決・美の共演!

 1月12日から14日まで幕張メッセで開催された、カスタムカー・チューニングカーの祭典・東京オートサロン2018。見所は、もちろんクルマだけじゃないのはご存じの通り! コンパニオン+レースクイーン&イメージガールが大集結するのも同展示会ならではだ。そんな女神たちもズンドコお届けしよう。まずはトヨタとホンダおよびその関連会社から!

トヨタ系はワイルド感あるモデリスタから!

 トヨタおよびTOYOTA GAZOO Racingブースにはコンパニオンを配置していなかったが、トヨタ車のカスタマイズを手がけるモデリスタと、トヨタのモータースポーツ部門TRD(Toyota Racing Development)の合同ブースには、コンパニオンがおり、さらに助っ人レースクイーンも登場した。

sn180123-01-01.jpg

モデリスタのコンパニオンは、コスチュームを担当している展示車両のボディカラーと合わせており、彼女は「ノア MU コンセプト」担当なので、ダメージ・ジーンズのホットパンツをホワイトでコーディネートしていた。トップスがブラックのノースリーブで落ち着いたイメージなのに対し、ボトムスがホワイトでダメージスタイルのワイルドなホットパンツというアンバランスさが魅力。

sn180123-01-02.jpg

「ソニック エモーション C-HR コンセプト」の担当の彼女は、メキシコ風というか西部劇風というか、攻撃的なイメージ。半袖の部分とミニスカートの裾のフリルがボディカラーと同じ赤となっている。そのほかの黒い部分は車体のフロントマスクなどのカラーリングと合わせている。ちなみに、ネイルも赤と黒で、腕時計やベルト、ブーツも黒とカラーコーディネートをそろえている。

→ 次ページ:
さらにモデリスタとTRDに応援に来たRQ!

こちらのモデリスタのふたりは大人の魅力で!

sn180123-01-03.jpg

「アルファード モデリスタ」担当の彼女は、黒のワンピースにブーツという、ボディカラーと同じ漆黒をまとっていた。コスチュームはワンピースではあるが、パレオのような腰巻きもまとっており、一般的なワンピースとは異なる、どこか挑戦的な雰囲気をまとっていた。

sn180123-01-04.jpg

モデリスタの受付担当の彼女。彼女もまた服の構造としてはワンピースではあるが、スカートの構造や胸元なども重ね合わせた形になっている。胸元もV字に開き、その一方で半袖があるという、単なるワンピースとは異なるデザインとなっている。

TRDのブースに応援に来たのは「jms garage girls」

sn180123-01-05b.jpg

TRDブースに応援にかけつけた、カー用品とカーメンテナンスの専門店・ジェームスのレースクイーンユニット「jms garage girls」の恵里花(えりか)さん(左)と、澤井玲未(さわい・れみ)さん。なぜ彼女たちがTRDブースに来たのかというと、ジェームスはスーパーGTに参戦するトヨタ系の「LEXUS TEAM au TOM’S」をスポンサードしており、また同チームのエンジン・チューニングとメンテナンスを請け負っているのがTRDというわけだ。

→ 次ページ:
ホンダブースはシックなコスチューム!

ホンダブースはシックな雰囲気で!

 ホンダブースでは、白と黒でデザインした丈の短いワンピースのコンパニオンがモデューロXなどの周辺で資料配付を担当。そのほか、モータースポーツ関連のブースにはスポーティーな感じのコンパニオンがいた。

sn180123-01-17.jpg

ホンダブースでは、ホンダアクセスから販売されているコンプリートカー「モデューロX」シリーズなどの横にコンパニオンがおり、資料を配付していた。ノースリーブだが、その一方で首回りはピッタリとした丈の短いワンピースを着用。

sn180123-01-18.jpg

この丈の短いワンピース、胸の辺りの黒い部分が、生地がメッシュ素材のようで、生地そのものが持つドットパターンとうまくマッチして、近くから見るとまるでカーボンのように見えた。コスチュームも自動車メーカーらしさを表現していたのではないかと思われる。

sn180123-01-19.jpg

彼女は上のふたりと同じワンピースの上にホンダオフィシャルウェアとして販売中の「Honda Racing フリースジャケット」を羽織っていた。

sn180123-01-20.jpg

こちらの彼女は、ホンダブースのレーシングカーやバイクを展示していたブースにいた女性スタッフ。モデューロXの傍らにいたコンパニオンたちとは異なるファッションで、スポーティーな感じだった。

→ 次ページ:
ホンダアクセスでは6人組イメージガール・ユニットが活躍!

ホンダアクセスブースには「けもフレガール」が登場!

 ホンダ本家とは独立してブースを構えていたホンダアクセス。同ブースの展示車両でインパクトが強かったのが、女の子に変身した動物たちの日常を描いて大ヒット中のメディアミックス作品「けものフレンズ」とコラボレーションした「けもフレ フィット」だ。そんな同車付きの6人組イメージガール・ユニットが「けもフレガール」だ。

sn180123-01-21.jpg

普段はスーパーGTなどのレースクイーンとして活動している彼女たちが、「けもフレガール」として、「けもフレ フィット」に華を添えた。ちなみに、「けものフレンズ」がどんな作品かまったくご存じない人は、一番下の女性が持っているパンフレットに、お目々パッチリなキャラクターが描かれているので、ご覧いただきたい。また、「けもフレ フィット」を見たい人は、こちら(新しいタブが開きます)。

sn180123-01-22.jpg

ホンダアクセスブースでアンケート用紙や資料を渡していた女性スタッフ。全身黒ずくめの忍者スタイル?

sn180123-01-23.jpg

こちらの女性スタッフが見せてくれているパンフレットに描かれている女の子が、「けものフレンズ」のキャラクターのひとりで、サーバルキャットの「サーバル」。

sn180123-01-24.jpg

メカニック女子。ツナギ萌えな人は目が釘付け!?

2018年1月25日(JAFメディアワークス IT Media部 日高 保)

コンパニオン系の記事が盛りだくさん! 記事一覧はこちらから!

sn170929-01.jpg

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(4月30日まで)
応募はこちら!(4月30日まで)